木材保存誌コラム

ホーム > 木材保存誌コラム > みちくさ

木材保存誌コラム

ブラックアウト

みちくさ vol.44 No.5 (2018)

原稿の締切が近づいてきた。ネタはいくつかあるにしても「今回はやはり高校野球、それも金足農業の件でしょう」と思っていた。そこに台風二十一号である。「内容を変えようか」とも迷っていた。

そして、九月六日午前三時過ぎの地震。あっという間の停電である。手探りで携帯を探し、情報を見ると、最初期には最大震度は安平町の6強、当地の震度は5強とある。別の部屋で何か落ちたようだったが、真っ暗な中でうろうろするのも、かえってまずいと思い、そのまま夜が明けるまで寝ることにした。

起きて別室に行くと、幸いなことにCDと書籍が飛び出し、床に散乱していたくらいで、食器類も含め、ほとんど無傷。

停電は続いていたのでラジオやネットの情報を探す。震源地は直線で三十数キロばかり東の厚真町で震度は7という。

その後、次第に被災状況が明らかになってきた。

そこで「火山灰地の土砂崩れ」「新興住宅地の液状化」といった、ある程度理解できる現象に加えて「ブラックアウト」というあまり聞きなれない事態に遭遇してしまったことを知った。

この前例としては一九七七年のニューヨーク大停電(落雷による、復旧に3日間を要した)が有名であるが、日本でこれほど広範囲・長期間にわたり発生したのはおそらく初めて、といわれている。

本州・四国・九州の電力会社の管轄区域間は交流線で連携が取られ、一部の発電所が送電を停止しても、容易にブラックアウトにはならないのだそうだ。また北海道電力と東北電力の間では海底ケーブル「北本連系線」によって電力の融通が可能になっているが、今回のケースでは機能しなかったといわれている。

ある識者は「この背景には事実上、北海道電力が孤立し、しかも経営規模が非常に小さいこと、また原発の再稼働が見通せない状況で、老朽化した設備の効率的運用が避けられなかったことがある。このような状況を招いた根本原因は、おそらく戦後の九電力体制(現在は沖縄電力を含む十電力)構築にさかのぼるのではないだろうか。ある意味、JR北海道の置かれた状況と似ているようにも感じられる。この改善は北電の負担とするより、むしろ国費を投入すべきである。」といっている。

(徒然亭)

ページトップ

曲名は?

みちくさ vol.44 No.4 (2018)

ANAの機内オーディオにクラシック音楽のプログラムがあり、しばらく以前にパーソナリティと番組テーマ曲が新しくなった。ところが、このテーマ曲が分からない。特に調べる気もなかったが、ずーっと引っかかっていた。

六月、スペインに関係する曲目を選んだオーケストラのコンサートがあり、そこで、ラロのスペイン交響曲などと並んで、フランスの作曲家イベールによる組曲「寄港地」が演奏された。これはなかなか面白い曲で、ずいぶん以前から知っていたのだが、無論、生で聴くのは初めてであった。オボーエ、フルートなどの管楽器がとてもよかった。

その後、「そういえばCDもあったはず」ということで、自宅で「イベール作品集」を引っぱり出し、久しぶりに聴くことにした。冒頭に入っている「寄港地」が終わった後も、そのまま音を出し続けた。そして何曲目か後、流れてきたのが、例のテーマ曲であった。「モーツァルトへのオマージュ」といい、モーツァルト生誕二百年記念企画のひとつとして作曲されたとのことであるが、これにはいささか驚いた。

調べてみると、この曲の選定理由を書いたブログがあって、そこには「テーマ曲って、キャッチーで華やかで、でも演奏会ではあまり耳にしない曲がいいと思っている。耳タコになって、曲が擦り切れてしまうのを避けるために。」とある。

なるほどねぇ。なおこのブログには、筆者所有と同じCDのジャケットも掲載されている。

一方、時々、頭の中で何かの曲が駆け巡り、なかなか消えないこともある。それがクラシックのこともあるし、ロックやフォークのこともある。

この間はピアノ曲。ただ、どうにも曲名が思い出せない。どうもシューベルト最晩年(といっても三十一歳)の曲だったと思うので、この原稿を書くためにCDをチェックすることにした。そしてようやく見つけたのが、ソナタ二〇番、D959の第二楽章、アンダンティーノ。嬰ヘ短調の寂しい曲である。

しかし、この曲、数回しか聞いたことがなかったはずなのに、どうして頭の中から消えなかったのだろう、どうにも不思議ではある。曲調が「徘徊老人」のようでもあったからだろうか。

(徒然亭)

ページトップ

高温乾燥材と生物劣化

みちくさ vol.44 No.2 (2018)

前回の続き、「高温乾燥材」の「耐朽性」「耐蟻性」の件である。

実は二〇一〇年頃、主に地方公設試の研究者による「安全・安心な乾燥材の生産・利用マニュアル」という資料が公開され、なかに「不適切な乾燥スケジュールによって生じた内部割れや熱劣化による強度低下のリスク」という表が示されている。

この表は定性的な表現にとどまっており、その点では「隔靴掻痒」といった感があるのだが、それでも、通常の高温セット程度なら、スギの強度劣化は殆どないのに、カラマツでは熱に対して非常に敏感、といった印象が示されている。

これはどうも材に含まれるヘミセルロースの種類とその熱による変質・分解と関係しそうではあるが、現在のところその確たる証拠はない。またリグニンも関係するかもしれない。この件に関してはいくつかの機関で研究が開始されているように伺っている。成果を期待したい。

もう一点が生物劣化に関わる問題である。

「抽出成分による木材の生物劣化抵抗性」については本誌三四巻二号(二〇〇八)で澁谷栄氏が記載されているところであるが、以前、愛媛大学と澁谷氏が所属する秋田県大木高研で共同し、熱処理したスギ材の耐蟻性を調べたことがある。その結果は木材学会誌(五〇号、二〇〇四)で「スギ心材の抗蟻性に寄与する主要構成成分には三種あり、それらのうちフェルギノールのみが高温による影響を受けにくいため、この成分を多く含む心材では高温乾燥による抗蟻性は低下しなかった。ただし、同じスギ材でもこの成分が少ない個体もあって、この場合には、高温乾燥によって耐蟻牲が無くなる」と報告している。

耐蟻性のみならず「腐朽菌」に対する抵抗性を付与する成分にもこれと同様の傾向があるのだとすれば、樹種や同一樹種でも品種や生育環境ごとに高温処理による影響を調べておく必要があろう。

実に大変な作業量になりそうだが、学会の研究会でこれまでに実施されている試験結果をまとめてみるのも一つの方法かもしれない。いずれにしても「木材学」としては実学と直結した非常に重要な研究テーマになると思う。どこかで予算が取れませんかね。

(徒然亭)

ページトップ

既往の文献を眺めると

みちくさ vol.44 No.1 (2018)

現在、もう一誌、連載記事を受け持っており、原稿締め切りが本誌とほとんど同時、という巡り会わせが年に数回ある。実は今回がまさにその状態になり、しかも先ほどまで書いていた他誌の内容が「高温乾燥材」に関連することで、そこでは木材の耐朽性、耐蟻性についても触れてしまった。

これは要するに、本誌読者層の専門領域、そのものに関する内容である。そこで今回はそのような記事を書くに至った経緯を少し披歴しておこうと思う。無論、あまり学術的なところまで踏み込むつもりはないが、...。

まず、直接的な発端は昨年5月に行われた、木の建築フォーラム主催の「今、求められる木材乾燥とは」というシンポジウムに参加したことである。ここでは建築側からの「高温乾燥処理材」に対する違和感、不安感が示され、その点について供給側と利用側を交えた議論が行われている。

この件、筆者もかねがね気になっていた課題であったため、昔々、自分の書いたものを含め、いろいろな文献を探し始めた。そこで出てきたのが、二〇〇二年の木材学会大会時に行われたシンポジウム「乾燥材問題を考える」の資料(木材学会木材強度・木質構造研究会のウェブサイトからダウンロードできる)であった。

そこには奥山剛氏(故人、当時名大教授)の「ヘミセルロース成分が熱による材質変化のほとんどを支配している」との記述や、富山県の栗崎氏による「化学的変化・耐久性と乾燥の関係」と題された化学成分の分解・揮発に関する報告をまとめたものが掲載されている。

二〇一一年には林野庁補助「データ収集・整備事業」の成果物として「最新データによる木材・木造住宅のQ&A」という冊子が作成され「人工乾燥によって耐朽性はどのように変わるのですか?」というQが設定されている。

ただし、ここでのAは「乾燥方法の違いにより耐朽性の違いはあるのですが、人工乾燥材は耐朽性が向上するあるいは低下するとは一概には断言できません。」とある。しかしこれだけでは建築側の納得は得にくいだろう。

いずれにしろ、高温乾燥材に関しては、各種強度性能のみならず、耐朽性・耐蟻性に対する化学的成分の変化に伴う影響や樹種差に関する情報も含めた「続編」がほしい、と思った次第。

(徒然亭)

ページトップ

いじわる爺さん

みちくさ vol.43 No.6 (2017)

先日、木材学会「木材強度・木質構造研究会」が静岡で開催され、それを覗いてきた。プログラムは安村基先生の「CLT」を話題にした講演を中心に組まれていた。これは実に濃い、示唆に富んだ内容を含んでいたのであるが、この件、後日、木材工業誌で紹介予定とのこと、ここで触れるのはよそう。乞うご期待、といったところである。

さて、某日、某所で、某先生、小生に「我々、年寄はいじわる爺さんになるべきである」と、話かけて来られた。いささか唐突でもあったので、そのときは曖昧な返事をしたと思う。

そのことが直接の引き金になったわけではないが、先日の建築学会で、まだ比較的若い研究者や学生諸君の講演内容に対して、若干アカハラに近い質問をしてしまった。それも複数の人に対してである。おそらく「誰?あのうるさい爺さん」と思われているに違いない。

筆者が建築学会で初めて発表したのは三十年以上も前のことである。当時の発表件数は少なく、会場には三十人程度だったと思うが、その最前列に、今では「伝説の木質構造学の権威」とでもいうべき、G先生が必ず座っておられた。そして、構造系の講演が始まると、決まって「この内容については、私がかつて報告したことがあります。その論文を読みましたか」といった内容で質問されたものである。

この話を聞いたのだろう、翌年、それと同様のテーマで発表した後輩たちは、開口一番、「Gの論文によれば、云々」と始めた。おかげでG先生の質問がずっと減ってしまった。

そういえば木材学会などでも、かつては(今も?)各セッションにはそれぞれ「主」みたいな大先生が鎮座されていた。そして発表が終わるや否や、的を射た、あるいは、ときには本題とはあまり関係なさそうな、想定外の質問をされるのである。したがって若い人はもちろん、中堅どころの登壇者でも、相当緊張しているようであった。場外では、

「○○先生、いた?」

「今日はいないみたいよ」

「よかった!」

という会話もよくあった。

聞くところによれば安村先生も退官間近とのことである。いい「いじわる爺さん」になってほしいな、と思う。

(徒然亭)

ページトップ

1  2  3  4  5  6  7  8