木材保存誌コラム

ホーム > 木材保存誌コラム > 虫めがね > ゴルフの楽しみ(その2)

木材保存誌コラム

ゴルフの楽しみ(その2)

虫めがね vol.43 No.5 (2017)

前回のコラムでゴルフの話を書いたが、今回もゴルフの話を少し続けてみたい。

ゴルフをやっているといろいろと予期しないことが起こる。ある時、打った球を我々が見ている目の前で、「あれ!」と言う間に、カラスが降りてきて口にくわえて持って行ってしまった。「コラ、待て!」と言う間もない。トンビに油揚げでなく、カラスにゴルフボールである。ゴルフ場の従業員によると、ここのカラスは白球よりも赤かピンク色の球を好んで持って行くそうである。それにしても、カラスは持って行った球を何に使うのだろうか。また、別の時は高く打った球が木の枝に止まって落ちてこなくなった。下から球は見えているのだが落ちてこないのである。風のひと吹きで落ちてくるのにと恨めしく思えた。この場合は、ルールによると一打追加して、続行するそうである。

ある日、愛知県から来たと言う人と一緒にプレーしたことがある。仕事の出張で兵庫県に来たついでにプレーしているのかと思ったら、日本全国のゴルフ場制覇を目指しているそうだ。すでに地元の愛知県のゴルフ場ではほとんどプレーしたので、今度は兵庫県のゴルフ場の番だそうだ。愛知県から車でやって来て、数日間滞在し、数ヶ所のゴルフ場でプレーして帰る。クラブハウスや特徴あるホールなどを写真に収めて、記録に残していた。全国には二,八〇〇余りのゴルフ場があるが、彼は何年がかりで全国制覇を達成するのだろうか。「日本百名城」制覇を目指している人には時々お目にかかるが、全国ゴルフ場制覇は珍しい。

年齢のせいか、ここ数年力が弱くなり球の飛距離が大きく落ちてきた。わたしのメンバーコースで若い頃には五番アイアンで十分に届いていた距離が、今ではドライバーでないと届かなくなった。ところが、最近わたしが時々いくゴルフ練習場で小学校四年生くらいの女の子がお母さんに連れられて練習に来ているのに出会った。彼女の練習を見ていると、ドライバーでは優にわたしより遠くに飛んでいる。小学生で、しかも女の子である。高齢者と言えども腕力はわたしの方が彼女よりも強いと思う。でも飛距離は彼女に及ばない。それ以後、自分の飛距離が落ちてきたことを、年齢のせいとか、力が弱くなったとかは言わないことにしている。

今は、年金暮らしなので、頻繁にはプレーできないが、健康維持のために、月に数回は仲間とプレーを楽しんでいる。

♪ゴルフ会いつの間にやらシルバー会♪

(赤タイ)

  < ゴルフの楽しみ
コラムトップ

ページトップ