木材保存誌コラム

ホーム > 木材保存誌コラム > 虫めがね

木材保存誌コラム

お爺ちゃん、お婆ちゃんは、なぜ孫が可愛いのだろうか?

虫めがね vol.42 No.2 (2016)

お爺ちゃん、お婆ちゃんたちは孫が可愛いことを“目の中に入れても痛くない”ほど可愛いという。わたしにも孫がいるが、確かにかわいい。自分の二人の娘の幼稚園の運動会や学芸会などには、仕事が忙しくて行った記憶がない。ところが孫の場合には万障繰り合わせてでも見に行っている。何故だろう?

子育て世代のお父さん、お母さんは仕事もまだ現役で大変忙しい。仕事を休んで子どもの運動会には行き難い。ところが、お爺ちゃん、お婆ちゃん世代は、現役は退いて時間的にも余裕がある。だから、見に行けるのだ。つまり、時間的余裕が理由の一つである。

それに、お父さん、お母さんは子どもの養育に責任がある。一人前にひとり立ちできるまで育てる責任がある。可愛い、かわいいと甘い気持ちにばかりにはなっておれない。ところが、お爺ちゃん、お婆ちゃんには直接の責任はない。ちょっと距離を置いて眺めているので、“かわいい”の感情が大きくふくらむという精神的余裕が二つ目の理由である。このような説明を今まで聞いてきたし、そういうものかもしれないと思っていた。

これらの理由も正しいと思うが、別の理由もあるのではないかと思えてきた。ヒト(ホモ・サピエンス)と最も近い霊長類であるチンパンジーは、出産した母サルは子サルが一人立ちするまでの約五年間は子育てに手を取られて、次の出産が出来ない。ゴリラも約四年間隔でしか出産しない。ところが我々ヒトは、子どもが離乳食を食べ始める生後五、六ケ月頃から、お爺ちゃん、お婆ちゃんが子育てに参加し、母親の負担を軽減する。それで、ヒトの母親は毎年でも出産可能である。その結果、ヒトは地球上に現在七十億人を超える大繁殖を成し遂げた。チンパンジーやゴリラと比べてその数の差は歴然である。現在のヒトの祖先は約二十万年前に地球上に現れた。その後の二十万年の歴史の中で、孫が可愛い、私が面倒見てあげると母親に代わって育児を積極的に手伝うお爺ちゃん、お婆ちゃんの血統(DNA)が現在繁栄しているヒトとして残った。当然、面倒見が悪い血統は淘汰された。

つまり、現在この世にいるヒトは、孫は目の中に入れても痛くないほど可愛いと思うDNAの持ち主の子孫である。お爺ちゃん、お婆ちゃんが孫が可愛いと思う気持ちは長い間にヒトのDNAにインプットされているのである。

♪孫を抱く妻の笑顔の甘いこと

(赤タイ)

ページトップ

ワカメが逝く

虫めがね vol.42 No.1 (2016)

今年の十月十四日午前、わが家の飼い犬「ワカメ」が逝った。享年一九歳。犬の年齢に六を掛けると、ほぼ人間の年齢に相当すると言われているので、ワカメは人間で言うと百歳を超えた老人に相当するのは確実である。大往生である。一九年前に、近所の方が生まれて間もない子犬を飼いませんかと持って来たので飼い始めた。メスの雑種である。

飼い犬が一五歳に達すると、阪神開業獣医師会から長寿犬表彰をもらえるが、ワカメはそれを五回もらった。「五回ももらう飼い犬は珍しいですね」

掛かりつけの獣医師さんから、そう言われた。表彰状には、「あなたはよき人生の伴侶として永年にわたり家族に喜びと楽しみを与えてくれました。よってここに長寿を讃え表彰します」とある。

わが家にとってワカメの存在は何ですかと問われると、この表彰状に書かれている内容に尽きる。わたしが仕事に疲れて帰路につき、わが家に近づくと私の足音か匂いを察知して、遠くから「ワンワン」と吠えて私の帰宅を歓迎する。また、女房がワカメを連れて散歩中に、近くのバス停から歩いて帰ろうとする私の姿を見つけると、遠くから全力疾走でダッシュして私に跳びつき迎える。

でも、一五歳を過ぎた頃から様子が変わる。わたしが歩いてわが家に近づいても、ワカメは何も気が付かず眠っている。玄関のドアを開けてもまだ気が付かず、ドアをバタンと閉めると、ようやくその音に気が付いて起き上がってくる。「この犬も最近は横着になったなあ」と思っていたが、そうでは無いようだ。高齢化で、耳が遠くなり、目も鼻も利かなくなったらしい。頭もボケてきたようで飼い主とそうでない人の判断もあいまいになったようだ。

犬の老後を見ていると、人間の高齢者と同じである。九五歳の母親の介護をしているという友人がいるが、彼によると、「失礼ですが、いつもご親切にしていただくあなたはどちら様ですか」と自分の息子に尋ねると言って苦笑いしていた。ワカメも晩年は立って歩けなくなり、寝たきりの老犬になった。排泄もオムツを付けてやる。自分では食べられないので、抱きかかえて食べさせてやる。食べ物の嗜好も変わった。以前は、肉や魚は好物で一口で食べていたものが、食べなくなった。そして今まで食べもしなかったプリンとか、あんパンなどの甘い物を食べるようになった。最後はそれも食べなくなり、流動食を飲むだけになる。そして、静かに逝った。

♪うちの犬女房にだけは尻尾振る

(赤タイ)

ページトップ

石切山のセミたち

虫めがね vol.41 No.6 (2015)

我が家の近くに、石切山と言う標高二八四m の小さな山がある。手ごろな山なので、健康保持の為に、週に一~二回ほど登っている。この山の頂上に着くと、南側に広く大阪平野が一望できる。眼下に大阪国際空港の飛行機の発着も見ることが出来る。私はここからの眺めが甚く気に入っている。

今年の夏も定期的にこの山に登った。夏は、この山はセミたちの楽園であるようだ。七月の初めの頃はアブラゼミの鳴き声が騒がしく聞こえた。七月の中旬頃から、ヒグラシがあちこちで鳴きはじめ、そのうちに、アブラゼミを圧倒し賑やかしく鳴くようになった。蝉しぐれとはこのことかと思えるくらいヒグラシの声が賑やかしく聞こえてくる。甲子園球場の高校野球が中盤を迎える八月の中ごろになると、ツクツクボウシやミンミンゼミの鳴き声が聞こえるようになる。しかし、これらのセミは賑やかしく聞こえるほどには多くない。高校野球が終わり、ヒグラシが静かになり、ツクツクボウシがのどかに鳴く頃になると、「ああ、やっと、長くて暑かった夏も終わりかな」と秋の訪れを感じるようになる。

住宅地にある我が家の近くの公園では、夏の盛りには、クマゼミとアブラゼミが多い。夏も終わり頃になると、ツクツクボウシが少し現れるが、ヒグラシやミンミンゼミはほとんど現れない。七月の中頃から八月にかけての夏の最盛期は、クマゼミの「ワシワシワシ」と大声で鳴く声がアブラゼミを圧倒し、公園の木々の隅々まで支配している。しかし、子どもの頃からこの地で育った人に訊くと、「昔は、この辺りはアブラゼミが多かった。でも、今はクマゼミの方が多くなった」という。

私が子どもの頃過ごした福岡の田舎でも、近くの神社の境内にセミ取りに行くと、アブラゼミかニイニイゼミがほとんどで、クマゼミは少なかった。大型で勇猛な感じのクマゼミを捕まえるとうれしくて、友だちに自慢して見せたものだった。

最近になって、アブラゼミが減って、クマゼミが増えた理由については、大阪市大の研究グループによると、樹木が多く、緑が豊富な環境ではアブラゼミが多い。ところが、緑が乏しく地面が乾燥し固くなった環境ではクマゼミが増えるそうである。

クマゼミが多いか少ないかは、その地域の自然環境の緑化度の指標となるのかもしれない。

♪梅雨明けを告げるか庭の蝉しぐれ

(赤タイ)

ページトップ

ツバメの巣作り

虫めがね vol.41 No.5 (2015)

我が家から歩いて五~六分の所にバス停がある。このバス停に面した民家の玄関の軒下に、六月頃になるとツバメが毎年のように巣を作る。今年も巣をつくり夫婦で交代で卵を温めていたが、二週間くらいしたら三羽の雛が孵った。親鳥が餌を持って帰ってくると、雛鳥は大きく口を開けてピーピー鳴いて親鳥に餌をねだる。この可愛い光景を見ると、我が家の軒下にもツバメが巣を作ってくれれば良いのにという気持ちになる。

ツバメは何故このような、人の往来が多い場所に巣を作るのだろうか。人が恐くないのだろうか。ツバメは農作物を荒らす害虫を食べるので、昔から益鳥として大切にされていたからだろうか、などと思っていたら、ツバメは人の往来が多くて、カラスやヘビなどの天敵が寄り付かない場所を選んで巣を作っていることが分かった。スズメバチなどハチ類は一度使った巣は捨てて、二度と使わない。ところが、ツバメは一度雛が育った巣は安全な場所だと確認されたわけなので、同じ巣に再度産卵し雛を育てる。雛は親鳥が餌を持って来たときはピーピーと餌をねだっているが、給餌が終わって立ち去ると巣の中に身を隠して静かにしている。天敵に自分の存在を悟られないように防御しているのだ。そういうわけなら、我が家にツバメが巣作りするのを期待するのは諦めねばなるまい。我が家はそれほど人の往来は多く無い所にあるからだ。それにしても、この場所ならカラスも近寄らないだろうと、どうやってツバメは判断するのだろうか。

夏の夕方にツバメが地表近くを低空で飛んでいたら、昔から“明日は雨”と、天気予報になると言われている。これは気圧が下がり、天気が雨の方に向かって行くと、大気の湿度が高くなってくる。すると、ツバメが餌にしているトンボ、ガガンボ、蚊、羽アリなどの飛翔昆虫の翅が柔らかく湿り、上空から地表近くを低空で飛ぶようになる。ツバメはこの餌を狙って低空で飛ぶわけである。私が育った福岡の田舎では、子どもの頃にツバメが低空で飛ぶのを見ると、

「ア! あしたは雨や」と、子どもながらに言ったものである。

もっとも最近はツバメの数も少なくなり、低空で飛ぶツバメを見る機会も少なくなった。淋しい限りである。

♪故郷の川に蛍の光なし♪

(赤タイ)

ページトップ

虫が怖い

虫めがね vol.41 No.4 (2015)

先日のテレビの報道で知ったのだが、小学生用のノートの表紙には、これまではきれいな蝶やテントウ虫の写真や草花の写真などが入れてあった。ところが、最近の子ども達は、虫を怖がる。蝶の写真でも嫌がって、そのノートを学校に持って行かない。ノートメーカーも売れなくなったら困るので、虫のノートは止めて花のノートだけにするそうだ。蝶のあの鮮やかな綺麗さは、花の綺麗さと同じような気がするが、最近の子ども達には違うようだ。

私の身近に小学生の男の子を持った家族がある。母親は虫嫌いで、息子が蝶に近づいたり、セミ採りに行こうとすると、「ああ、こわい、怖い」を連発する。息子は母親のその様子を見て、次第に虫嫌いになり、蝶がひらひらと近づくと逃げようとするようになった。父親は仕事が忙しくて、息子を連れてセミ採りに行ったり、昆虫館に連れて行く暇がない。その結果、母親の影響を強く受けて虫嫌いになってしまった。人間の感性の基本的なものは小学生の頃までに出来上がってしまうので、これは残念なことである。

私が勤務している大学の授業で、学生たちを昆虫館に連れて行ったことがある。ところが、入り口に立ち止まって、じっとしている男子学生がいた。「早く中に入りなさい」と言うと、「僕は虫が怖いのです」と言う。冗談かと思ったが、良く見ると、顔色が青ざめている。どうやら本当らしい。それで彼だけは外で待っていてもらうことにした。

私の友人に蝶のコレクターがいる。彼は日本にいる蝶はほとんど採りつくし、今では東南アジアや南米にまで出かけて蒐集している。同伴の家族が観光している間にも、本人は捕虫網を持って山野を駆け巡っているそうだ。彼にとっては観光よりも珍しい蝶一匹の方がはるかに価値があるのだろう。彼は小学生の頃に蝶に魅せられて、今に至ったようだ。

日本語では、古くから「虫が好かない」、「虫がいい」、「腹の虫が治まらぬ」、「虫歯」、「虫が付く」など、虫は余り良い意味では使われていない。すべての人に虫好きになって欲しいとは思っていない。しかし、キアゲハの翅は鮮やかで美しい。鈴虫の鳴き声は澄み切ってきれいだ。ホタルが光を点滅しながら飛び交う姿は夢幻の世界のようだなど、子ども達には自然の姿を冷静に見ることができる感性を持った大人に成長して欲しいと思っている。

♪ジリジリと真夏の蝉も汗流す♪

(赤タイ)

ページトップ

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8