木材保存誌コラム

ホーム > 木材保存誌コラム > 虫めがね

木材保存誌コラム

ホタルにも方言がある

虫めがね vol.40 No.5 (2014)

近ごろはホタルを見ることは極めて少なくなった。今では、ホタルが見られる場所は、「ホタルの里」とか言って、観光客にPRしている。私が子どもの頃に育った福岡の田舎では、我が家の前を流れる小川には、夏になると毎晩ホタルがたくさん飛んでいた。最近、久しぶりに田舎に帰って尋ねると、今ではその小川ではホタルは見られないそうだ。ホタルが見られなくなった原因として、農薬や洗剤などの化学物質が疑われているようだが、それも否定はできないが、むしろ川の護岸工事などで、ホタルの幼虫の餌となるカワニナなどの貝類が生息できなくなったことが大きい。

子どもの頃、夕食を済ますと、うちわを持って、前の小川に行き、「ほーほーホタル来い、あっちの水は苦いぞ、こっちの水は甘いぞ」と蛍狩りに行ったものだ。金網で作った蛍籠を持って行き、捕まえたホタルをその籠に入れ、水辺のホタル草などを入れて持ち帰った。餌として、砂糖水を浸み込ませた脱脂綿を入れておけば、家でもしばらくの間はホタルのほのかな光を楽しむことが出来た。

小川などで、大きなホタルが光っているのはゲンジボタルである。ホタルは光をコミュニケーションの手段にしている。オスはピカリ、ピカリと光りながらメスの光を求めて飛び回る。メスに対して求愛の信号を送っているのだ。そして、メスを見つけると近くに止まり、パッパッと短い間隔で光を点滅させる。メスがこれに答えてパッと一回光れば、求愛が成立する。ここで、メスからの応答がなければ、オスはあきらめて飛び去るしかない。

ホタルが光るのは、ルシフェラーゼという酵素の働きでホタルの体内でルシフェリンが酸素と結合し、オキシルシフェリンに変化する。その時に生じるエネルギーが光エネルギーに転換して蛍光を発する。これは熱を介していないので、風や水で消えず、手で触っても熱くない。むしろ冷たく感じる。

ゲンジボタルのオスが同じ木に沢山集まり、集団で同時に発光することがある。この時の点滅間隔は、西日本では二秒間隔、東日本では四秒間隔と、地方によって点滅間隔に違いがあることが分かっている。境界の長野県付近では中間の三秒型もいる。ホタルにも東京弁と関西弁と言うような、方言があるようだ。ホタルの世界では、関西より関東の方が点滅間隔が長くのんびりしているのだろうか。

(赤タイ)

ページトップ

あなたの家にノミはいませんか

虫めがね vol.40 No.4 (2014)

先日、テレビを見ていると一家に猫を八頭も飼っている家庭が紹介されていた。この家庭は子どもがいないなどの事情があったが、最近は犬、猫を飼育している家庭が増えたのは確かである。生活レベルの向上や少子化の影響でペットを飼う家庭が増えたのであろう。私が子どもの頃は犬は番犬であり、猫はネズミ取りであるという考えであったが、今では家族の一員としてペットを飼っている家庭が多い。ペットによって精神的な安らぎを得る面が評価されているわけだ。

家族の一員だから、買い物に出かける時には、乗用車に乗せて出かけ、家に戻ると室内で飼う。テレビを見る時も犬を横に置いて一緒に見ている。寝るときは同じベッドで寝る人もいる。このような飼育習慣の変化により、ノミは一時期忘れられかけた害虫であったが、再びその被害を多くしている。

うちの犬はいつも清潔にしているのでノミは居ないと思っていたが、先日ノミが見つかった。きっと犬の散歩中に近所の犬とじゃれついている時にもらったのだろうと考える人も多いだろう。だが、カリフォルニア大学(米国)のラスト教授の実験では、ネコ同士がじゃれて体を接しても、他方へノミが移動することは少なかった。同じように、ノミがついている猫を人が抱いたくらいではノミは人体へ移ってくることは少ない。ノミは宿主嗜好性がはっきりしているので、猫についているネコノミは猫の血液や体温を好むわけで、わざわざ猫から離れて人に移ることは少ない。

野良猫や野良犬などが棲みついている場所や、彼らの通り道となる公園の草むらや砂場などを飼い犬が通過すると、そこに潜んで待機していたノミがジャンプして犬に飛びつく。飼い犬や猫がノミをもらうのはこのケースが多い。

ネコノミは卵→幼虫→蛹→成虫と完全変態をする。人を吸血するのは成虫だけだが、成虫の寿命は約一ヶ月である。しかし、成虫になる直前の蛹の寿命は長い。寒いとか乾燥などの外的環境が悪い時や、ノミが吸血しようとする動物が現れない時には、飲まず食わずのままで半年でも一年でもじっと待機している。そして人や動物が近づくと直ちに繭の殻を破ってジャンプして飛びつく。この時のノミのジャンプ力は体長の約百五十倍も飛び上がることが出来る。これを身長一六五㎝ の人にたとえると、約二五〇m の高さに飛び上がることになる。このようなノミの生きるためのメカニズムには驚くほかない。

(赤タイ)

ページトップ

ゴキブリは群れているのでイヤ

虫めがね vol.40 No.1 (2014)

仲間で群れて生活している生き物は多い。カラスやスズメが群れをなして空を飛んでいたり、木に止まっている様子は良く見かける。シマウマやバッファローが集団で大移動している光景などを、テレビや映画で見たことがある人も多いだろう。また、小さな魚も何千尾も集団で泳いでいることがある。このような大群ではないがゴキブリも仲間で集まって生活している。ゴキブリの糞に含まれる集合フェロモンによって仲間を呼びあつめているのだ。

大学の学生約一八〇人に「嫌いな虫はなんですか」とアンケートを取った。その結果、ムカデやクモを挙げた学生も多かったが、断然群を抜いてゴキブリがトップにあった。「なぜゴキブリが嫌ですか」との質問には、群れているから嫌という回答もあった。たしかに、ぎらぎらと脂ぎって、光沢のあるゴキブリが集まっているのを見るのは気持ちが良いものではない。しかし、ゴキブリは何となく群れているのではない。それなりの理由がある。群れることによって乾燥や寒さに対する抵抗力が高まる。また、一匹で生活するより仲間と一緒に生活すれば、餌にありつける確率や配偶者に巡り合えるチャンスも高まる。京都大学の石井教授らのチャバネゴキブリの実験では、一匹で飼育した場合より複数匹を一緒に飼育した方が成虫になるのが早かった。

人類も発生以来群れて生活する習性をもっている。発生当初は家族、親族程度で群れていたのだろうが、その群れは歴史とともに大きくなり、部族、種族で固まり、今では国家という大きな集団で生活している。人類もゴキブリと同じように一人っ子よりも兄弟が多い方が成長が早いのであろうか。人の場合、そのような研究例は無いが、一人っ子であっても、幼稚園に行き、小学校、中学校に行って、集団の環境で育つのでゴキブリのような結果にはならないだろう。

ゴキブリが群れて生活する理由のもう一つは、野外ではカエルやネズミ、野鳥などの天敵に襲われにくいこともある。一匹で行動しておればカエルにとって攻撃ターゲットは絞られるので、近づいてペロリであるが、群れていればカエルも近づき難い。近づいてもどれから攻撃してよいのか、きっかけをつかむのに困る。カエルはまず、群れ全体に攻撃をしかけてみる。おどろいたゴキブリが大騒ぎして、群れから外れて一匹で動いているゴキブリを見つけたら、それを目がけて攻撃し、ペロリとたべる。

(赤タイ)

ページトップ

ヒトはなぜ二本脚で歩くの?

虫めがね vol.40 No.2 (2014)

最近、「歩こう会」(ウオーキングの会)が高齢者の健康保持の為の手軽なスポーツとして、各地で盛んなようだ。土曜、日曜などに電車に乗ると、小さなリュックを背負って郊外にウオーキングに出かける高齢者のグループを良く見かける。彼らは、子どもの頃の遠足にでも行くかのように、楽しそうにおしゃべりが弾んでいる。

先日、ある地域の「歩こう会」に参加した。この会は毎月一回、近くにある標高六六〇m の妙見山に登る同好の人たちで作られていた。参加者はいつも百名を超えるそうだ。驚いたのは参加者の平均年齢が七十歳に近いということだ。最高齢者には八十二歳の女性がいらっしゃった。登り始めて更に驚いたのは、これらの高齢者たちが途中たった一回の休憩をしただけで、みんな快調な足取りで山頂まで登り切ったことだ。この会の中に数名は、「百回登山表彰」を受けた方がいらっしゃった。百回と言えば、毎月一回では八年以上かかる。毎週一回でも二年はかかる。雨の日や雪の日もあるわけだから驚きである。

ところで、人はなぜ二本の足で歩き出したのであろう。約五百万年前に霊長類の中から立ち上がって二足で歩き出した猿人が現れ、これがヒトへと進化したと考えられている。同じ霊長類でもゴリラ、オランウータン、サル、チンパンジーは未だに四足歩行のままなのに、なぜヒトだけが直立二足歩行になったのだろうか。それは、それまで森林で樹上生活していたのが、その生活基盤を樹上から降りて草原へ移したことに関係しているらしい。樹上生活でないので、両手で枝を掴んでぶら下がったりする必要は無く、両手は道具を握ったり、食物を運んだりするのに使える。其の為には二足歩行の方が都合がよい。また、直立二足歩行の方が草原で背伸びして遠くの外敵を早く発見し危険を回避できる。更には、草原で食物を求めて広い範囲を動き回るには、ゴリラやサルのような四足歩行より直立二足歩行の方がエネルギー効率が良くて疲れが少ない。また、大脳がだんだんと大きくなっていったヒトでは、四足歩行ではバランスがとれない。立ち上がって歩く方がバランスよく動ける。

かくして、歩くこと、ウオーキングは約五百万年前からヒトが始めた移動方法であり、これを行うことは健康維持やストレスの解消などの様々な効果が期待できる手軽な健康法のようだ。

(赤タイ)

ページトップ

日本のすばらしい自然美

虫めがね vol.39 No.6 (2013)

日本列島の美しさには定評がある。国土の約69%は森林に被われ、降水量も豊富なので、これらの森林は常に緑が維持されている。その森林が春は桜、夏は深緑、秋は紅葉、冬は白雪と四季おりおりに、鮮やかな色に姿を変える。しかも日本列島は南北に延びているので、桜前線が北上するように、緯度の違いにより各地の色の変化時期に違いがあり素晴らしい。このように神から授かった自然は素晴らしい。

ところが、そこに住んでいる我々が作った都市、街並みは美しいとは言えないものがある。四年半のロンドン駐在の務めを終えて帰国し、日本での生活に戻った当初、自分で車を運転していて、一時間も運転すると非常に疲れることに気が付いた。イギリスでも自分で運転することが多かったが、こんなに疲れはしなかった。何故だろうと考えるに、自動車の運転席から見える街並みが大きく違うことに気が付いた。

日本の街を車で走ると黒い瓦の屋根ばかりではない。赤、青、緑の屋根や壁など色とりどりで、強い色彩の建物が目に飛び込んでくる。また、道路の両側には様々な大きさ、形をした看板がやたらと立ち並んでいる。大きさだけでなく、書かれている内容や文字が原色で目立つように書かれている。看板だから目立つように書くのは当然かもしれないが、道路に立っているスピード制限、右折禁止、駐車禁止、地点の名称などの交通標識がこれらの看板にうずもれて見落としてしまいそうにさえなる。この強烈な色彩と雑多な看板は運転者の神経を刺激し、疲れさせる。

イギリスの街並みは、ご存じのようにやや渋い橙色のレンガを基調とした建物であり、屋根も渋い赤レンガがふつうである。青や緑や黄色の屋根は見当たらない。条例で規制している。それ故、建物の色や形が背景の自然と一定の調和があって美しい。このようなイギリスの街並みは単調で物足りないという人もいるが、四年半ほど生活してみると、何となく心が落ち着いて安らぐことに気づく。

日本でも京都や萩市の街並みのように、落ち着いて静かな風情を維持しているところもある。これらの街は条例で規制するなど、景観を維持する努力をしている。

ロンドンに住んでいた頃、家のオーナーが自分の庭に生えている木を切るのにも、市役所に届けて許可が必要だと聞いた。

現代に住む私たちは、日本の素晴らしい自然美を守り、美しい街並みを作り、次世代の人たちへ残していく責任があると思う。

(赤タイ)

ページトップ

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8