JWPAニュース

ホーム > 協会のご案内 > JWPAニュース

JWPAニュース

一覧

協会記事

2019年 Vol.45-No.2

1.会議・委員会
1)第3回理事会(2月16日)

商工会館(千代田区霞ヶ関)において開催した。鮫島委員長より開会の挨拶,林野庁木材産業課木材製品技術室 岩井広樹課長補佐より来賓のご挨拶を頂戴した後,審議に入った。

(1) 審議事項
 ① 第8回定時総会の招集決議
 ② 2019年度事業活動計画・収支予算案
 ③ 木材保存剤等の新規認定登録
 ④ IRG52の積立金額の変更
 ⑤ 功績賞,各奨励賞の授与者候補者の選定
 ⑥ 賛助会員加入
 ⑦ 役職員の報酬・給与改定
 原案通り承認された。

(2) 報告事項
 前回の理事会(9月7日)から2月14日までの事業が報告をされた。

2)第3回認定委員会(2月4日)

協会事務所において開催した。新規認定登録2製品が承認された。また,変更届が6件あったことが報告された。なお,規格集(2011)が,公益社団法人日本木材保存協会規格集(2018)として発刊されたと報告された。

3)第3回企画運営委員会(2月7日)

協会事務所において開催した。平成30年度第3回理事会での審議,報告事項について検討され,事務局案を付議にすることが承認された。

4)第2回年次大会運営委員会(3月6日)

協会事務所において開催した。2019年5月28日(火)~29日(水)にメルパルク東京(東京都港区芝公園)にて開催する第35回年次大会および公開講演会の内容について検討し,決定した。

5)木材保存士委員会(3月12日)

協会事務所において開催した。平成30年度に開催した,木材保存士講座・登録更新の実施状況及び第38回木材保存士資格検定講習・試験の実施報告および合否判定等を行った。

6)編集委員会(編集委員会2月19日,幹事会3月11日)及び拡大編集委員会(3月15日)

編集委員会では,木材保存Vol.44 No.2の編集・校正を行った。拡大編集委員会は日本木材学会年次大会に合わせて函館市内で開催し,地域の情報などについて論議した。

2.事業
1)第38回木材保存士資格検定講習・試験

1月17日~18日日本教育会館(東京都千代田区)で開催され,38名が受講した。

2)外装用難燃木材の難燃性能持続性に関する促進試験方法(JIS)の審査(3月7日)

経済産業省の第15回建築技術専門委員会で審議され,承認された。

3)JAS法改正に即した木材保存剤分析方法の規格化(3月12日)

平成30年度農林水産省委託事業である表記の第2回委員会を協会事務所において開催した。開発した分析方法の妥当性検証のため,分析試料の均一性の確認,共同試験のための予備試験の実施結果について論議し,報告書に反映した。諸外国における規格化の妥当性プロセスについて海外調査を行ない,その成果を示した。公募中の平成31年度JAS関連予算であるJAS規格調査委託事業及び日. アセアン連携による新産業人材育成支援事業への応募についても論議した。

3.その他
1)一般社団法人日本木工機械工業会の講演会(1月23日)

新春講演会が機械振興会館にて開催され,山本参与が出席した。

2)大日本山林会・木材サミット連絡会合同シンポジウム(1月28日)

「持続可能な社会に向けて-木材利用と地球環境-」が石垣記念ホールにて開催され,鈴木事務局長と山本参与が出席した。

3)新たなJAS説明会(2月12日)

横浜第2合同庁舎にて新たなJAS説明会が開催され,山本参与が出席した。新たなJASの活用方法,平成31年度JAS関連予算の説明がなされた。

4)土木学会第10回 木材利用シンポジウム(2月26日)

土木学会講堂で開催された第10回 木材利用シンポジウムに山本参与が出席し,特別講演「東急池上線における木造上家建替工事と地域連携の取り組みについて」を聴講した。

5)公益社団法人日本しろあり対策協会の創立60周年記念講演会(2月28日)

京王プラザホテルにて創立60周年記念講演会有森裕子氏による「よろこびを力に・・・」が開催された。鈴木事務局長と山本参与が出席した。

6)公益財団法人日本住宅・木材技術センターの講演会(3月5日)

CLTを活用した建築物等実証事業(平成30年度林野庁補助事業)の成果報告会が木材会館で開催され,山本参与が出席した。

4.会員加入
個人会員の加入(合計5名)小林主任情報提供
賛助会員(1社)
(株)躍進 埼玉県さいたま市

ページトップ