木材保存の情報

ホーム > 木材保存の情報 > 木材保存協会規格

木材保存協会規格

公益社団法人日本木材保存協会は,木材保存剤及び保存処理木材の性能受託試験,ならびに木材保存剤等の認定を事業の一環として行っています。この規格集は,その基礎となる試験方法と性能基準を示したものです。

旧版の(社)日本木材保存協会規格集は平成13年に発行されたもので,その後幾つかの協会規格が追加されるなど,内容的に古くなり修正が必要となってきました。さらに,平成22年9月にJIS K 1570,1571が改正,告示されたことから,該当する協会規格は削除されることになりました。

このような状況を受け,(社)日本木材保存協会規格集を改訂することにし,従来のA5版をA4版に組み直すとともに,その後制定された規格の追加と整理を行いました。また,旧版では協会規格第○号で表示されている旧来からの規格と,平成13年の見直しの際に付されたJWPAS-○○で示された規格がそのまま掲載されていたが,今回すべての協会規格をJWPASに統一しました。○○に表示されているアルファベットは,それぞれ,M:カビ,F:腐朽菌,I(ヒラタキクイムシ),T:シロアリという劣化要因を,次の文字はW:木材,E:木質材料,S:土壌,NW:非木質製品という試験対象を,また,末尾の表示はG:接着剤混入処理,B:ベイト法,R:室内試験,F:野外試験,さらに,CP:保存剤の化学的性質を意味しています。

  1. (社)日本木材保存協会規格 JWPAS-MW(2011)
    木材用防かび剤の性能基準及びその試験方法
  2. (社)日本木材保存協会規格 JWPAS-FE(2011)
    高耐久木質材料の防腐性能基準及びその試験方法
  3. (社)日本木材保存協会規格 JWPAS-TE(2011)
    高耐久木質材料の防ぎ(蟻)性能基準及びその試験方法
  4. (社)日本木材保存協会規格 JWPAS-IW(2011)
    木材防虫剤の性能基準及びその試験方法
  5. (社)日本木材保存協会規格 JWPAS-I(2011)
    ヒラタキクイムシの人工飼育方法
  6. (社)日本木材保存協会規格 JWPAS-IW-G-(1)(2011)
    接着剤混入処理用木材防虫剤の性能基準及びその成虫効力試験方法
  7. (社)日本木材保存協会規格 JWPAS-IW-G-(2)(2011)
    接着剤混入処理用木材防虫剤の性能基準及びその幼虫効力試験方法
  8. (社)日本木材保存協会規格 JWPAS-TS-(1)(2011)
    土壌処理用防蟻剤等の性能基準及びその試験方法
  9. (社)日本木材保存協会規格 JWPAS-FW-GR(2011)
    接着剤混入処理用木材防腐剤の性能基準及びその室内試験方法
  10. (社)日本木材保存協会規格 JWPAS-TW-GR(2011)
    接着剤混入処理用木材防蟻剤の性能基準及びその室内試験方法
  11. (社)日本木材保存協会規格 JWPAS-TW-GF(2011)
    接着剤混入処理用木材防蟻剤の性能基準及びその野外試験方法
  12. (社)日本木材保存協会規格 JWPAS-TNW(2011)
    防蟻剤処理非木質系製品の性能基準及びその室内防蟻効力試験方法
  13. (社)日本木材保存協会規格 JWPAS-TB(2011)
    ベイト工法用防蟻剤の性能基準及びその試験方法
  14. (社)日本木材保存協会規格 JWPAS-TS-(2)(2011)
    粒子による物理的防蟻層(粒子物理バリア)の性能基準及び貫通阻止効力試験方法
  15. (社)日本木材保存協会規格 JWPAS-CP-(1)(2011)
    木材接着剤混入用木材保存剤の親和性性能基準及びその試験方法
  16. (社)日本木材保存協会規格 JWPAS-CP-(2)(2011)
    加圧処理用木材保存剤(乳化製剤及び懸濁化製剤)の浸透性性能基準及びその試験方法
  17. (社)日本木材保存協会規格 JWPAS-CP-(3)(2011)
    加圧処理用木材保存剤(乳化製剤及び懸濁化製剤)の安定性性能基準及びその試験方法

各規格の詳しい内容は日本木材保存協会規格集(2011年版)(頒価2,500円、送料210円)をご覧ください。

詳しくは下記へお問い合わせください

公益社団法人日本木材保存協会
105-0001 港区虎ノ門4-2-5 第3松坂ビル8F
(TEL) 03-3436-4486
(FAX) 03-3432-1971

ページトップ