木材保存誌コラム

ホーム > 木材保存誌コラム > 虫めがね

木材保存誌コラム

プラスチック塵と海洋汚染

虫めがね vol.45 No.5 (2019)

プラスチック塵が大量に海に流れ込み、生物に大きな被害を与えていると問題になっている。国際環境NGO「グリーンピース」の調査によると、死んだクジラ、イルカ、ウミガメ、海鳥などの胃や腸から大量のプラスチック片が発見された。レジ袋やペットボトルの破片などを誤って飲み込んで、それらが胃や腸にたまり、その結果、餌を捕食できず、栄養失調で死んだとみられる。プラスチック塵は太平洋や大西洋のみならず、北極海や南極海も汚染していることが判っている。プラスチック塵が海へ流出すると漂いながら紫外線などで砕け、5㍉以下のマイクロプラスチックになる。これがイワシやアジやサバなどの体内に取り込まれ、次に我々がこれらの魚を捕食することになる。

今年(令和元年)六月に大阪で開かれたGサミット(主要カ国地域首脳会議)でもこの問題は取り上げられて「大阪ブルーオーシャン・ビジョン」が首脳宣言に盛り込まれた。スーパーなどの買い物で入れてもらうレジ袋や、飲み物に使うプラスチックのストローなどは近く使用禁止となるそうだ。

人類の歴史は、石器時代→青銅器時代→鉄器時代を過ぎて今ではプラスチック時代と言われている。おもちゃ屋に行けば、わたしの子どもの頃は、木や厚紙で作られていたおもちゃが、今ではほとんどがプラスチック製である。台所には、醤油、酢などの容器はガラス瓶だったのが今ではプラスチック容器が多い。浴室に行けば、浴槽、湯桶、浴槽椅子などいろいろ目につく。生活用品のみならず、自動車、新幹線、飛行機などの輸送機関にも大量にプラスチックが使われている。プラスチックは丈夫で加工がしやすく、軽くて腐らないなどの優れた性質を持つために、我々の生活のいたるところにプラスチックが存在する。

人類はこれまでプラスチックのような素晴らしい物が環境汚染を起こし、人類の害になるなどは全く予想もせず、プラスチックを利用してきた。これらは人間にとっては想定外のことであったのだ。

環境汚染に共通するキーワードは「丈夫で長持ち」と「大量使用」の二つである。石器は使用後、砕ければ土に戻る。青銅器も鉄器も錆びて壊れれば、これも土に戻る。石も青銅も鉄も元は地球の成分である。ところが、プラスチックは化学的に安定である為にいつまでも地球上に存在し続ける。「丈夫で長持ち」の性質はいずれ地球の負荷となり、環境汚染を起こす。少量を細々と使っておれば、地球にとって大きな負荷とならず、問題も小さくて済むのであろうが、安くて良い物なのでつい大量に使ってしまう。人間の小智であろうか。

♪人類は今や地球のお荷物か

(赤タイ)

ページトップ

グローバル化と招かざる来訪者

虫めがね vol.45 No.4 (2019)

今はグローバル化の時代と言われている。人や物が国境を越えて移動している。それも、ひと昔と比べて格段に大量に、そして短期間に移動しているのが特徴である。

昨年(二〇一八年)十二月には、日本に観光目的でやって来た外国人が年間三千万人を突破したそうだ。東京・京都・奈良などの代表的観光地だけでなく、今では地方へ行っても大勢の訪日観光客に出会う。来年(二〇二〇年)は東京オリンピックがあるので、四千万を超えるだろうと日本政府は予想(期待?)している。

グローバル化により日本にやってくるのは人だけではない。一九九〇年代初めに、史上最強の侵略的外来生物と言われているアルゼンチンアリが広島県廿日市市で初めて確認された。このアリは、元は日本には居なかったが、今では、日本国内のあちこちに分布を拡大した。一九九五年九月には、セアカゴケグモという毒クモが大阪府高石市で最初に発見され、今では近畿地方を中心に広く分布定着している。

二〇一四年には東京都の代々木公園で蚊に刺されてデング熱に感染するという事件が起こったことは、まだ記憶に新しい。デング熱は日本では無くなったと考えられていたが、六九年ぶりに国内感染が発生したわけだ。これもデング熱常在地域の東南アジアからの来訪者や、日本人が海外旅行して現地で感染し、日本に帰国する際にデング熱ウイルスを持ち込むことが原因と考えられている。

また、南米原産のアカヒアリが二〇一七年五月に兵庫県尼崎市で、中国からの貨物船で運ばれてきたコンテナの中から発見された。ヒアリはアルゼンチン、ブラジルなどの南米中部が原産と考えられているが、今では、米国、オーストラリア、台湾、中国と分布が拡大している。オーストラリアの隣国ニュージーランドでは、今までのところ水際阻止に成功している。日本でもまだ国内の定着は確認されておらず、環境省・厚生労働省が何とか水際で阻止しようと対策をとっている。アカヒアリは攻撃性がかなり強く、ソレノプシンやホスホリパーゼなどの毒成分を持ち、刺されるとアナフィラキシーにより、死亡することもある。米国では過去に累計で一〇〇名を越える死者が出ていると言う。

人間にとって必要・有益なものだけの来訪を認め、無用・有害なものの侵入は拒否する事などは出来ない。それがグローバル化と言うものであろう。

♪旅終えてわが家の茶漬け旨しとも

(赤タイ)

ページトップ

飲料自動販売機―その後

虫めがね vol.45 No.3 (2019)

飲料自動販売機は、今では日本中いたるところで見ることが出来る。バスの停留所、学校の食堂や体育館、駅のホーム、飛行場、映画館、町の集会所など、人が集まる所にはほとんど置いてあり、喉が渇いた時は手軽に飲み物を買うことが出来る。無人なので人件費は節約できるし、二十四時間、夜間でも購入できるなどの利点があり、大幅に普及している。いまでは、飲料販売総量の大半を自販機による販売が占めていると言われている。自販機で販売している方式には、缶入り、紙パック入り、ペットボトル入りのように、密閉容器に入った方式もあるが、流れ出てくる飲料を紙カップで受け取る方式もある。

嘗て、わたしは大学の学生の卒業研究で、飲料自販機内に侵入する昆虫類を調査したことがある。その結果、ゴキブリ、チョウバエ、コバエ類などの昆虫類が侵入すること、そして、それらの昆虫類の体表から、サルモネラやセレウス菌などの食中毒原因菌が検出されたことを明らかにした。わたしはこのことを学会(日本環境動物昆虫学会・二〇〇九年の年次大会)で発表した。そのことは、このコラムでも簡単に触れている(木材保存・三九巻一号)。この発表は当時、朝日新聞にも取りあげられた(二〇〇九年十一月十三日夕刊)こともあり、ネット上で拡散した。そして、日本自動販売機協会の役員の方が大学に来られて、わたしの意見を求められたこともあった。その後、いろんな人から、「あの報告を読んで、カップ式の自販機の飲料は飲まないようにしています」と聞いた。また、ある友人からは、カップ式のコーヒーを飲んだところ、カップの底にゴキブリの脚の欠片が沈澱していたことなどを教えてくれた。通常、人はこれをゴキブリの脚の一部とは気が付かないだろう。単なる小さなゴミと思うだろうが。

あれからほぼ十年を経過し、わたしはほとんど忘れかけていた。ところが最近になって、ある友人から、「近頃はカップ式の自販機は少なくなりましたね」と言われた。それで、街に出かけた時に気を付けて見ると、わたしがこの調査をした当時は、まだ、カップ式の自販機があちこちで見られたのに、今ではたしかにカップ式の自販機は見かけなかった。代わりにペットボトルと缶が大勢であった。

自販機の会社に確認したわけではないので、正確なことは分からないが、先のわたしの調査報告の結果、自販機会社も改善に努めたのか、今ではカップ式の飲料自販機は極めて少なくなったのは事実のようだ。

♪ゴキブリに生き方学ぶ三億年

(赤タイ)

ページトップ

空海が修行した青龍寺

虫めがね vol.45 No.2 (2019)

二年前から四国八十八ケ所のお遍路の旅を続けているが、わたしは怠け者なので、まだ結願には至っていない。四国八十八ケ所とは弘法大師空海が四国の各地を布教して歩いた跡を訪ねる旅である。この度、空海が若い頃修行した中国の長安(今の西安)にある青龍寺を訪問した。今から千二百余年前に、若き空海が修行の為に日夜歩いたであろうその同じ石畳や廊下などを歩くのは格別の心境であった。

八〇四年に、真言宗の開祖・弘法大師空海は、最澄(天台宗の開祖)らと共に留学生として遣唐使船で、唐の都・長安に渡った、長安では青龍寺で真言密教第七祖・恵果大師に師事し、一年数ヶ月で密教の奥義をすべて伝授された。当時、青龍寺にはすでに大勢の修行僧がいたが、彼ら先輩僧を飛び越えて空海が密教の阿闍梨嗣を受け継いだことは、空海の驚異的な天才ぶりが窺い知れる。

大きな青龍寺の境内には、一九八二年に日中友好の印として、日本仏教界からの寄贈で恵果・空海記念堂が建立されている。その横には空海記念碑も建っている。庭園には日本の四国四県から千本の桜が寄贈され、春には八重桜が咲き乱れるそうだ。

空海は仏教と同時に中国の詩書、書道、天文、医薬学、土木技術などの知識を日本に持ち帰った。「弘法も筆の誤り」の言葉があるように、日本の三筆の一人、書の名人でもある。このような医薬学や土木技術の知識を活用して、四国各地を布教して回ったのが分かる。例えば第三番札所の金泉寺や第十七番札所の井戸寺などでは、水不足に悩む住民の為に井戸を掘ると霊水が湧き出たとか、第十四番札所の常楽寺では、糖尿病に苦しむ老人に弘法大師がアララギの木を煎じて飲ませると治くなったとかの話が各地に伝えられている。また、第五十六番札所の泰山寺には、毎年梅雨の時期になると近くの蒼社川が氾濫し、多くの人命を奪っていた。そこで空海は村人を指導し堤防を築き土砂加持の秘法を行ったと伝えられている。これらは空海が単に呪いや祈祷で成し得たのではなく、中国で得た当時最先端の知識を駆使して各地を布教して歩いたと考えることが出来る。

四国のお遍路は第一番札所の徳島県の霊山寺に始まり、第八十八番札所の香川県の大窪寺に終わる。ところが四国霊場会により、空海が若い頃修業した青龍寺が第零番札所と名付けられた。わたしはこのことは知らずに青龍寺を訪れたが、幸いにして第零番札所の印をもらうことが出来たので、これをわたしの納経帳の第一頁に貼り付けた。

♪手探りの迷路だったな夫婦道

(赤タイ)

ページトップ

西安の旅

虫めがね vol.45 No.1 (2019)

去年(平成三〇年)の秋に中国の西安(旧長安)を旅した。高校生の時に世界史を履修し、東アジアの歴史で、度々、長安の名が出てきた。それで、一度は行ってみたいと思っていたのが、やっと念願がかなったわけだ。

中国の今の首都は北京であるが、長安は漢・唐時代と長い間、中国の都であった。長安は日本の古都・京都が、その都市造りのお手本にしたと言われるだけあって、東西南北、きれいに碁盤の目のように、道路が走っている。七~八世紀の最盛期の長安は人口百万人とも言われ世界最大の国際都市であった。文化的にも最先端を行っていた。日本はその最先端の文化を吸収する為に遣唐使をたびたび派遣した。万葉集の歌人・山上憶良、天台宗開祖・最澄、真言宗開祖・空海なども留学生として遣唐使に同行し、命がけで東シナ海を船で渡った。

西安旅行で最も印象に残ったのはやはり兵馬俑である。兵馬俑は誰にもその存在は知られずに二二〇〇年もの長い間地下に眠っていた。ところが、一九七四年、揚継徳氏(存命中)ら三名の農民が農地に水を引くために井戸を掘っている作業中に偶然地下から発見した。秦の始皇帝の頃(紀元前二三〇年頃)は、死者は再び来世で活動するという、死後の世界が信じられていた。それで始皇帝は来世の為に、自分の墓地の近くに陶器で作った俑の軍団を配置した。今、公開されているのは約八千体であるが、これはまだ一部だけで、どのくらい地下に埋まっているのか、その全体像は分かっていない。専門家が少しずつ発掘しては、壊れた部分を修復しているので、全体像が日の目を見るには、あと百年くらいかかるのではないかと言う気がした。

日本でも数年前に「兵馬俑展」があり、見に行ったが、現地で見るとその規模の大きさに圧倒される。今見ている兵馬俑は土色をしているが、製作された当時はそのすべてに顔料で彩色されていたことが判っている。色鮮やかな紺の軍服に赤い鎧と脚絆を付けた、何万体という陶俑の軍隊が整然と整列している光景は、目を見張るものであったろう。

日本に数回来たことがあるという我々のガイド嬢の言葉が印象に残る。彼女は我々に質問した。
「中国の道路は歩行者優先と思いますか、車優先と思いますか?」

日本から来た我々は当然、
「車優先です」と答える。するとそのガイド嬢の答えは、
「違います。"勇気"優先です」

中国の横断歩道は勇気を出して渡らないと、車が次々とやって来て、何時まで待っても横断できないと言うことらしい。

♪古里の川に蛍の光なし

(赤タイ)

ページトップ

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10