木材保存の情報

ホーム > 木材保存の情報 > 顕彰事業

顕彰事業

木材保存技術奨励賞

公益社団法人日本木材保存協会では,平成元年度より,わが国の木材保存に関する優れた産業業績に対して「木材保存技術奨励賞」を授与する制度を創設し,木材保存分野において優れた技術を開発された少壮の技術者を対象に授賞しています。

ご応募に当たりましては、応募者の略歴、業績の概要を記した推薦書(Word)の提出が必要です。推薦書の提出期限は、毎年2月末日です。

木材保存技術奨励賞授与規程
第1条 公益社団法人日本木材保存協会(以下「本会」という。)に木材保存技術奨励賞(以下「技術奨励賞」という。)の制度を設ける。
第2条 技術奨励賞は、わが国の木材保存に関する優れた産業技術業績に対して授与する。
2.受賞者は、本会の個人会員あるいは学生会員で少壮の技術者とする。
第3条 技術奨励賞は、賞状及び賞品とし、原則として毎年1名に授与する。
第4条 技術奨励賞受賞者は、授賞選考委員会において選考する。
2.授賞選考委員の委嘱、任期等は本会の委員会設置規程による。
第5条 授賞選考委員会委員長は、技術奨励賞授賞者の選考結果を、会長に報告する。
2. 会長は、第1項の報告により、技術奨励賞授賞者を決定し、直後に開催される理事会に報告する。
第6条 技術奨励賞受賞者の選考基準は、授賞選考委員の意見を聴いて、会長が別に定める。
第7条 本規程の改廃は、稟議規程により総務部長が起案し、会長の承認を受けるものとする。
附 則 この規程は、平成元年8月2日から施行する。
附 則 この規程は、平成24年4月1日から施行する。
附 則 この規程は、平成29年11月1日から施行する。
技術奨励賞授賞者選考基準

本会の木材保存技術奨励賞授与規程(以下「授与規程」という。)6条に規定する技術奨励賞受賞者の選考基準は、原則として次の各項に該当するものとする。

第1. 木材保存業界において、木材保存産業の発展に寄与する優れた業績であって、次の各号の1に該当すること。
1)木材保存剤の新規開発または実用化
2)木材保存処理技術の新規開発または実用化
3)安全性に対する新たな技術の展開、情報の収集・整理
4)木材及び木造建築物等の劣化・耐久性に関する調査・研究
5)木材保存処理にともなう廃棄処理及びリサイクル等環境負荷低減技術に関する調査、研究または実用化
第2. 当該産業技術業績が本会の年次大会において発表されているか、もしくは本会会誌「木材保存」に投稿されているか、何れかの実績を有すること。
第3. 受賞者の年齢は、当該年度の3月31日現在原則として50才以下であること。
第4. 受賞者の選考のため必要な手続き等については内規で定める。

ページトップ