木材保存誌コラム

ホーム > 木材保存誌コラム > みちくさ

木材保存誌コラム

「男はつらいよ」に残された風景

みちくさ vol.42 No.6 (2016)

前回の「山田洋次監督が切り取った風景」の件の続きである。

映画「男はつらいよ」のロケ地を実際に歩いた、というサイトがいくつかあって、これらを眺めているだけで、なかなか面白い。

鉄道に限れば「旅と鉄道:寅さんの鉄道旅」という恰好の参考書もあり、これによれば、蒸気機関車が出てくるのは、第二から二二作までの十作品だそうである。

有名なのは第五作(一九七一年撮影)で、この小樽築港機関区やSL追いかけの場面は当時の国鉄の全面協力とのこと。機関区でちらっと見えるC62-2は今も京都鉄道博物館で動態保存されているが、疾走していたD51-27はこの撮影時には既に翌年の解体が決まっていたという話である。

筆者の出生地、小樽はこれ以外に一五作(七五年)と二二作(七八年、奇しくも最後のSL登場作品)にも出てくる。

一五作では今は無くなった青函連絡船と小樽運河の当時の風景がしっかり収められている。

二二作はその僅か三年後。ここではマドンナの故郷として、エピローグ的に、いささか唐突に小樽の正月風景、遠景それに運河が画面いっぱいに広がる。ただし、この間僅か三十秒、寅さんは出てこず、コタツでさくらとおばちゃんがマドンナ(大原麗子)から送られてきた小樽の絵葉書を見ている。その、さくらのセリフ、「よさそうな町ねえ、小樽って…」。

そういえば、小樽市が老朽化した倉庫群を取り壊し、この運河を埋め立てて、そこに六車線の大道路を建設するという案を出したのは六六年。これに反対する住民運動が起こり、それが十年以上続いたというから、これらの作品の撮影当時は、その運動の真っただ中であったわけだ。山田監督がこのことに無関心であったとは思えない。

その後いくつかの紆余曲折があり、最終的には、市の埋め立てプランの一部修正・運河の一部保存で決着、八六年、小樽臨港線が開通、散策路やガス灯が整備され、九六年、都市景観百選を受賞した、ということなのだが、その前の姿が「これ」なのである。

この小樽に限らず、第五作の東京ディズニーランドになる前の浦安など、かつての日本の風景は「男はつらいよ」のあちこちに出てくる。それもこのシリーズを不滅のものにしている理由だろう。

(徒然草)

ページトップ

寅さん

みちくさ vol.42 No.5 (2016)

前回、ビートルズ日本公演から五十年、などと書いたが、今年は田所康雄さんが亡くなって二十年目でもあった。

「誰、それ?」という人も多いだろう。俳優の渥美清さん、というより車寅次郎、「寅さん」といった方が通りはいいかもしれない。その関連番組や「男はつらいよ」から、いくつかの再放送があった。

この第一作の公開は一九六九年八月。実はこの前年の十月から半年間、山田洋次脚本、渥美清主演のテレビドラマがフジテレビで放送されていた。その最終回、寅さんがハブに噛まれて死んでしまう、その結末に対する視聴者からの多数の抗議が映画化につながったのだそうである。ただ、筆者、この頃、大学4年であるが、そのドラマを見ていない。

卒業後、大学院に進学した。公開当時は例の「学園紛争」の真最中、教室はロックアウト状態であった。無論、「暇」ではあったが、封切館で見られるほどリッチであるはずもなく、映画の第一作からの数作は、多分、当時、札幌の狸小路にあった格安映画館(八十円くらい)で、だったと思う。ただ、初期の作品は毎度のごとく、寅さんが振られるパターンだったから「何とかしろよ」という感じで見ていたものだ。その後、いつ頃からか、ほとんど封切直後に映画館を訪れることになる。

「男はつらいよ」関連の書物も多く、結構買い込んだ。またその公式サイトのほか実にマニアックな寅さんサイトもあって、『ロケ地探訪』までが掲載されている。

筆者の印象に残る作品といえば、マドンナ役ではなく、名優が重要な脇役で出てくるものである。例えば、一・八・二二作での博の父親、なんと北大名誉教授役、志村喬、二・七作での母親役、ミヤコ蝶々、一七作での日本画の大家役、宇野重吉、等々、書き出せばきりがない。

それに、山田洋次さんのその時代の切り取り方、とでも言うのだろうか、今ではもう見ることが難しくなってしまった「風景」が画像として収録されていること。「鉄道」もその一つと思っているのだが、これは次回に回そう。

田所康雄さんは晩年、俳句会によく顔を出し、二七〇句ほど残していたことを最近知った。中に、

蟹悪さしたように生き

というのがある。俳号は「風天」だったとのこと。

 

(徒然草)

ページトップ

鉄・音・2

みちくさ vol.42 No.4 (2016)

古いVHSテープのいくつかをDVDにダビングしようと棚を眺めていたら、かなり以前に録画していたビートルズ特集を発見した。正味五時間分くらい、しかも三倍速なので画質は恐ろしく悪い。これを懐かしさ半分で、全部見てしまった。

彼らのレコード・デビューはイギリスでは一九六二年一月である。日本デビューはその二年後で、そのさらに二年後、六六年の六月末から数日間、東京の武道館で最初にして最後の日本公演が行われた。それからちょうど五十年を経たのを記念した番組がいくつも放映されていた。

現在、高齢者世代になってしまったわれわれは、それにリアルタイムに遭遇していたことになる。もっとも、僕はこの「騒ぎ」を、どちらかといえば、やや冷ややかに見ていた方であり、のちに彼らのアンソロジー等を含めた正規発表音源のほぼすべてと、数枚の非正規盤までを収集することになるとは、当時は思わなかった。

ビートルズ関連の情報を調べてみると、六六年というのは、重要なターニングポイントになった年であることが分かる。つまり日本公演のあとの八月を最後に、大規模なライブコンサートを止めてしまったのである。

確かに日本公演の直前まで制作していた、アルバム『リボルバー』を聴いても、「これらをライブで演奏するのは、当時の技術では無理だわな」と感じる曲ばかりである。翌年、制作に半年を費やした『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』が発表された。そして七一年に正式解散となる。

この間オリジナルアルバム十三セット、それ以外のものを合わせて二百何十曲かがリリースされているわけだが、解散後も再編集盤や新発見のものが続々発売されている。おそらく四百曲近くはあるのだろう。

このなかで「鉄道」に関連するものを探してみると、とりあえず二曲発見。

一つは有名な「ティケット・トゥ・ライド」、邦題「涙の乗車券」。当初、シングル盤で出た。

もう一つは「ワン・アフター・909」。解散間際のアルバム「レット・イット・ビー」に入っている。ただしこの曲、ジョン・レノンがビートルズ結成前、十七歳時の作品で、「909」とは列車番号である。

(徒然亭)

ページトップ

鉄 ・ 音

みちくさ vol.42 No.3 (2016)

軌道上を走る世界最初の蒸気機関車は、一八〇四年、イギリスのR・トレビシックによって製作された。そして一八二一年、G・スチーブンソンが改良した機関車を用いた旅客輸送が開始された。日本では一八七二年。まぁ、この話は有名である。

ではイギリスの次に鉄道(蒸気機関車牽引の旅客鉄道)が走ったのはどこか、といえば欧州ではなく、アメリカ。一八三〇年、サウスカロライナ州である。ただし、河川や運河による水運が発達していた地域は比較的遅く、たとえばニューヨークでは一八五一年になって走り始めている。

ついでフランス(一八三二)、ドイツ(一八三五)、その後、カナダ、ロシア、オーストリア、イタリア、ベルギーなどが一八四〇年代までに、中近東、南米、インド、オーストラリアでは一八五〇年代、そして日本、中国が一八七〇年代。

ところで、一九世紀後半になると鉄道に因んだ音楽がいくつか出現してくる。

有名なところではヨハン・シュトラウス2世のポルカ「観光列車」で一八六四年の作。今風に言えばコマーシャル音楽、といったところ。彼の弟エドゥアルトにもポルカ「テープは切られた」という作品がある。その他聴いたことはないが「遊覧旅行」「発車の合図」「蒸気を立てろ!」「急行列車」というのもあって、彼、どうみても「てっちゃん」。

その同類といえば、チェコの作曲家、ドヴォルザーク。その証拠として、交響曲「新世界より」の終楽章の冒頭が「蒸気機関車発車時のドラフトのように聞こえる」とか、一八九二年からニューヨークの音楽院に赴任したのは「機関車が見たかったから」と、まことしやかに挙げられている。しかし前者はともかく、後者は怪しい。なぜなら赴任前にチェコではすでに鉄道を見ているはずだからである。「機関車」ではなく、「大型客船」ならおかしくはない。

あと有名なところでは、フランスの作曲家オネゲル。「パシフィック231」という一九二三年の作品がある。これは蒸気機関車の出発から停止までを音楽化した六分程度の管弦楽曲。この231とは、それぞれ先輪・動輪・従輪の数で、…ま、いいか。

ネットで検索していたら「鉄オタクラシック/オーケストラ曲編」というのがあるんだそう。見逃していました。

(徒然亭)

ページトップ

初めての...

みちくさ vol.42 No.2 (2016)

北海道新幹線開業の1ヵ月前になり、その切符が販売された。新函館発の一番列車では25秒ほどで売り切れたそうだ。この「1号車1番A席」なんてのは、射止めた人にとっての「家宝」になるんだろうな、と思っていた。

ところが翌日の新聞に「ネットオークションに出品、定価の二割増しから二倍で売れる。グランクラスは十万円」とある。

筆者は前日から並んで、そうした切符をぜひ手に入れたい、というような趣味はない。ただ、ラストランが決まった「はまなす」や「カシオペア」も然りで、これらがすぐさまオークションに出されるとなると、「?」である。

その「初めての」とか「最後の」という謳い文句で宣伝されると、興味が引かれ、ついつい買ってしまう商品も多い。筆者の場合では「LP」あるいは「CD」がそれ。

「初めて」の方では、伝説の指揮者ニキシュとベルリン・フィルによるベートーヴェンの5番。一九一三年の録音で、国内で復刻LPが出たときの触れ込みは「初めて録音された…」とあり、これをすぐさま買った。その後調べてみると、「著名な指揮者としては」という条件付きだった。

これはアコースティック録音である。といっても何のことやらお分かりにならないかもしれない。当時はすでにマイクロフォンが発明されていたものの、それを記録する装置がお粗末だった。そこで、集音用ラッパに向かって演奏してダイヤフラムを振動させ、その振動を針に伝達して記録用媒体、つまりレコード用の原盤に溝を刻む、という方法だったのである。今、この録音はCD化され、音質は改善されているとのこと。

世界初の磁気テープレコーダーは一九二八年に出現している。この以前にピアノ線を用いた記録装置が開発されていたのだが、このとき樹脂を基材にした、いわゆる「テープ」を用いたものになった。この「電気吹き込み装置」を用いた録音が「SP盤」として世界に広がっていく。

SP盤は一八八七年にベルリナーが開発した円盤状の蓄音機用レコードの総称で、毎分七八回転、収録時間は片面最大5分程度。そのため録音はその収録時間に合わせ、何回かに分割して行われたという。材質はシェラックで、落とすと割れた。…この章、とりあえず「続く」、ですかね。

(徒然亭)

ページトップ

前の5件 1  2  3  4  5  6  7