木材保存誌コラム

ホーム > 木材保存誌コラム > みちくさ

木材保存誌コラム

縦書き・横書き

みちくさ vol.41 No.2 (2015)

本会会員も多く入られている木材学会は今年で創立六十周年になる。これを記念した出版物を出すことになり、今、その仕上げの段階に入った。何しろ「一般市民向け」ということなので、専門用語の使い方などに非常に苦慮し、幾度も書き直した。その「修正稿」ができる度に送付するものだから、編集担当の方は、さぞ迷惑に思われたことだったろう。

昨年までは一年に数回、地元ローカル新聞にも寄稿していた。その時も同様であった。原稿執筆が遅れ、提出が締切直前になる。しかもそのあとにも決まって手直しをするのである。編集長からは「毎度のことで、編集部員は慣れとります」と言われた。

手直しをする理由はいくつかある。簡単な「てにをは」や「この言葉、読み手に分かるか」もあるが、「文章体裁上、読みにくくはないか」といった点からの修正も多い。とくに新聞などは縦書きで一行に十三字ほどしかないから、適当に区切らないと一段落がかなりの行数になってしまって、だらだらした感じになる。そこで提出原稿を仕上がりフォーマットに合わせたうえで、これを直すのである。

縦書きで困るのは、英数字の表記法である。原稿は主に横書きであり、英数字は半角にしているのだが、これが印刷されると「L V L」「1982年」、「105mm 」という具合に仕上がる。「LVL」はともかく、数字の方は、やはり「一九八二年」「一〇五ミリメートル」と書いたほうがしっくりくるようにも思うのだ。

ただし数式、化学式、小数点のついた数値、となると縦書きにはどうにもそぐわない。やはり横書きの方が楽だよな、などとも感じていた。

そんなとき、本棚をひょいと見ると、随分以前に買った「分かりやすい日本語の書き方(講談社現代新書)」というのがあった。著者は「文書添削の鬼」の異名をとった大隈秀夫氏。これを再読する。

面白い、というか、実に勉強になる。なかに「言葉の重複は見苦しいので気を配る」「言い換えの語を多く覚える」とある。ふんふん‥。

そして「書き出しの一行で勝負は決まる」ともある。あわてて本文の書き出しを替えた。とたんに表現が重くなった。

(徒然亭)

ページトップ

自然相手

みちくさ vol.41 No.1 (2015)

一昨年末、大雪が全国に降った。とくに普段あまり雪の降らない地域で、山奥の集落が孤立しているとのニュースが随分あった。

これまで北海道、富山、秋田と雪国に長く住んできたので、雪にはそう驚かない。ただ、雪質とその降り方、融け方は地域で随分異なる。同じ秋田県ですら「県南の雪は上から、秋田は横から、能代は下から降る」という表現がよくされるくらいだ。

かつてあった豪雪では「38」「56」というのが有名である。これらの時の気圧配置も今回と同様で、日本海北部からオホーツク海に進んだ低気圧(これを「爆弾低気圧」などと呼んでいる)が発達して停滞し、強い西高東低の冬型気圧配置が長く続いたことによる。

1980年末から翌年3月にかけてのものが56豪雪で、筆者はそれに遭遇した。富山では秋田県南と似て、湿った重い雪が、黙ってシンシンと降る。住まいは市中にあったのだが、朝起きてみると、前日には何もなかった地面に、一晩で1m も積もっており、車がすっぽり埋まっていたのにはさすが驚いた。このときの富山市の最深積雪量は160cm だそうだ。

これを契機に雪と木造住宅を総合した研究調査がいくつか進められ、建築学会大会ではPD(パネルディスカッション)が開催された。富山県では「雪に強い住宅づくり研究調査」が行われ、筆者らも積雪荷重量の評価とクリープによる変形挙動把握のため、小規模木質構造体を設計・製作し、それを積雪荷重下に放置して変形の経時変化を追った。

観測は1983~84年に行った。そのときの屋根上最深積雪は120cm に近く、それなりのデータが得られた。これを建築学会の大会で発表した。

このような研究は皆無だったから「これは行ける」と考え、研究延長の予算を申請した。そして首尾よく承認され、以前よりしっかりした構造物を建て、計測装置も買い込んで、雪を待った。

ところが、である。その年は暖冬、次いで翌年も降らない。屋根雪は30cm くらい。構造物の変形は微々たるものである。

その報告書の作成には非常に困った。新しいデータがほとんどないのであるから、今風に言えば「シミュレーション」とやらで誤魔化したような記憶がある。

その後、自然相手の研究には手を出さなくなった。建てた構造物は試験場の物置に転用された。

ちなみに建築学会でのタイトルは「木質構造体の耐雪設計に関する実験的研究:第一報・積雪荷重下の小規模木質構造体の変形」。ただし「第二報」は、どこを探しても出てこない。

(徒然亭)

ページトップ

猫も博士も

みちくさ vol.40 No.6 (2014)

「猫も杓子も」という言葉がある。なんとも不思議な単語の組み合わせで、随分気になっていたものであった。

落語の「やかん」では何でも知っていると自負する横丁のご隠居がこの言葉の語源を「女子(めご)も赤子(せきし)も」と説明している。これを聞いたとき、妙に納得してしまったのだが、少し調べてみると「禰子(神主)も釈氏(僧侶)も」からきた、などいくつかの説があって、正確な語源はよくわからないらしい。

その「猫も杓子も」気味なのは、最近の木材利用に関する研究である。いわゆる「木材学」を基盤した研究者だけではなく、専門分野も建築・土木・エネルギー・環境から流通・経済にまで広がっている。

たとえば、今年の建築学会大会。登録参加者約1万人、発表件数は8千くらいだろう。

うち木材に関するものは構造系303、防耐火系37、材料系29(主に住宅の耐久性)、その他環境系15(環境負荷・バイオマス関連)、この他あわせて400近い。加えて「木質構造」、「防火(木質耐火構造)」、「地球環境(木材流通のデータベース化とあり方)」というPDがあって、いずれも盛況であった。

構造系の「腐朽・蟻害」では7件の発表があった。ここでの発表者のほとんどは木材学会会員でもある。

もうかなり以前、当時、同じ所属にいたS君が木材腐朽と接合性能の関係を建築学会で報告したことがある。講演の後、木質構造研究のリーダーのお一人のN先生は「あれはすごく大事な研究だけれど、建築学の出身者には手が出せない分野だよなぁ」とおっしゃっていたのを思い出す。

ところが「地球環境」PDの方はといえば、これが、失礼ながら、結構怪しい。パネラーであった木材流通関係のMさんが、開口一番、『先日、林野庁に赴いた際、建築学会での企画意図をお話ししたところ「そんなことできるのかなぁ」といわれた』と述べていたくらいである。木材流通をスティールやコンクリート並みの状態にしたい気持ちも十分にわかるが、…。

木材系の発表件数はこの30年間でおよそ10倍。20年前の阪神・淡路大震災時で100を超え、今では、テーマにかなりの「はやり廃り」はあるものの、毎年コンスタントに300くらいで推移している。

コンクリートから乗り替えてこられた先生も結構多い。それはそれでいいことなんだろうが、あまり知らないところで、随分怪しげな「木材学」「木材流通学」が語られている。

猫だけならまだしも「博士」が語り始めると始末が悪い。

(徒然亭)

ページトップ

まずはご挨拶から

みちくさ vol.40 No.5 (2014)

この四月、何十年かの研究者生活に一つの区切りがついた。これを機にこれまで入会していた学協会のうち、半ば義理で入っていたもの、とくに重要な情報が得られそうもないもの、などを選び、そこに「退会届」を出そうと考えた。

ところが「いざ」の段となると、各会の要職を務められている諸兄の顔が目の前にちらつく。どうにも踏ん切りがつかず、結局退会あるいは種別変更届けを出したのは、わずか二学会だけになってしまった。

本協会についても同様で、大いに迷っていた。そこに先手を打たれたような「会費請求書」が転送されてきた。そして、あとを追うように本コラムの執筆依頼が届く。鞭のあとの飴のようでもある。

というわけで、今回から読者諸兄に本誌を通じたお付き合いを願うことになってしまった。

ところで業界関係の雑誌のコラム欄といえば、かつて「木材工業」誌に掲載されていた「しろうさぎ」のことを思い起こす。これは一九五七年七月号からなんと二〇年以上、計二七〇回も連載されていた。読者の中でこれをご存知の方はほとんどいらっしゃらないのだろうと思うが、筆者なども毎回楽しみにしていたものであった。著者は元農林省林業試験場長の斎藤美鶯先生。

その二七〇回目、つまり最終回は八〇年三月号で、この号には小生執筆の総説が初めて木材工業誌に掲載されており、しかも「しろうさぎ」はこの余白の囲み記事になっていた。

ここで先生は、最初数回投稿した頃、『窓欄というものは、勉強して疲れたとき、フト窓を開けて頭を休めるように。「木材工業」のような硬い本の窓欄では、レクチュアはいけませんよ』と、先輩のM先生から諭され、以来、聞いた話と木材との係わりをちょっと最後に触れる程度に止めた、と述懐されておられる。

この「コラム」という言葉。「新聞や雑誌で、短い評論などを載せる欄、罫で囲まれることが多いからコラム(円柱形の柱)と呼ばれることになった」とある。そして事象に対してあくまで自分の考えで「こう思う」というスタンスで書く人がコラムニストなのだそうだ。

本誌編集委員長からは「内容は自由で、どんなことでも結構です」という、誠にありがたいお言葉を頂いているが、コラムの意味と美鶯先生の言わんとするところを肝に銘じながら書いていきたい。お付き合いのほど、よろしく。

(徒然亭)

ページトップ

「英語が上手になるには?(6):最終回の回」

みちくさ vol.39 No.5 (2013)

michikusa3905.jpg

どうすれば日本人は英語が上手になるだろうか?それも日本に居ながらにして、英会話学校などでお金を使わずに、ケチケチしながら、尚且つ、最も効率良く、最短コースで上手になるには如何したらいいのだろうか?ということをずっと真剣に考えてきました。

正直なところ、そんなことを考えている間に、英語の勉強をさっさとしたほうが余程効率的なんじゃないかという指摘は全くもっともだと思います。が、自分の息子にワクチンを試して、多くの人を救った歴史上の偉人のように我が身を犠牲にして、後進のために研究を行った、と言えばここは納まりが良いでしょうか(もっとも、今インターネットの百科事典を見ると、この話は史実が混同されているということでしたので、複雑な気持ちではあります)。

何れにせよ、私がこれまで数年以上に渡って、費やしたお金(といってもケチケチしながら)と時間(といってもダラダラした)から、ムダや失敗を取り除き、考えられる限りの現実的、且つ、直線的な道筋をお伝えしようとしましたが、皆さんの成果は如何でしょうか??

ところで、何かと資格がないと世知辛い世の中ですが、残念ながら私はTOEIC 試験も知らなければ、TOEFL試験も知らない古い世代なので、どうすればこうした英語の試験の点数が上がるのかは知りません。それは、どなたか英語試験本研究家の方に筆を譲りたいと思います。同様に、英語の論文が上手に書けるようになりたい、手早く読めるようになりたいという希望も本コラムでは叶えられそうになりません。それも英語論文本研究家の方に筆を譲りたいと思います。

英語が上手になるには?シリーズは、今回で最終回です。そこで最後に、私が今(!)思いついた英語が上手になるための格言を皆さんにお送りしたいと思います。

「出来ることはできる。出来ないことは出来ない。出来ることが増えれば、出来ることが増える。」

ここまで、コラムをずっと読まれてきた方には、きっと意味が分かって頂けると思います。それでは、皆さん、さようなら。皆さんの英語の上達を心よりお祈りします。そして、上達した暁には、周りの人に上達のコツを是非教えてあげてください。

*筆者注:本コラムは筆者の独断と偏見で構成されており、紹介する書籍等は木材保存協会とは一切関係ありません。

(世界の木窓から)

ページトップ

前の5件 1  2  3  4  5  6  7