木材保存誌コラム

ホーム > 木材保存誌コラム > 虫めがね

木材保存誌コラム

"わかめ"の長寿犬表彰

虫めがね vol.39 No.5 (2013)

わが家に満十八歳になる"わかめ"という名のメス犬がいる。名前は漫画「サザエさん」の家族のわかめちゃんから拝借した。人間で言えば百歳を超えるというので、二年ほど前に阪神開業獣医師会から長寿犬として表彰状と盾をもらった。表彰状には、「あなたは人生の伴侶として、永年にわたり家族に喜びと楽しみを与えてくれました」と表彰の理由が書いてあった。本人はなにもわからないだろうから、好物の鶏のササミ肉のジャーキーを与え、表彰状・盾と並べて記念写真を撮った。

ところが、元気だったこのわかめが、このところ老化が激しく、とみに弱ってきた。かっては、仕事を終えて我が家に帰ってくると、その足音を聞きつけて、尻尾を振りながら、「ワンワン」と飛び出してきたものだ。ところが最近は、足音はおろか、玄関のドアを開けても、まだ気づかずに眠っている。ドアをガチャンと閉めると、その音で初めてゴソゴソと起きだして、尻尾を振って近づいてくる。衰えたのは聴覚だけではない。視力もかなり老眼のようだ。女房が散歩に連れているのを見つけて、遠くから、「わかめ」と大声で呼んでも、しばらくじっとこちらを見つめてようやく気が付く様子である。また、犬の最大の武器であるはずの嗅覚も衰えた。わかめの好きなササミ肉のジャーキーをやるとかぶりつくが、歯が弱ったのか、一口で食べられなくなり、足元へポロリとかけらが落ちる。自分の足元にあるのに、鼻先であちこちをフンフンと嗅ぎながら、落ちたジャーキーを探している。以前のわかめなら落ちたジャーキーはたちどころに見つけてペロリであったが、今は目でも見つけるのに時間がかかるし、嗅覚でもわからないらしい。

今年の夏は格別の猛暑である。ある時、ふと見るとわかめが疲れ切ったようすで寝ている。「わかめ!」と呼びかけても動こうとしない。抱きかかえてもぐったりしている。急いで氷をタオルでくるんで、首回りに当てて冷やしてやったら、しばらくすると元気になった。熱中症らしい。農家のお年寄りが、ビニールハウスで作業中に熱中症にかかり、救急車で病院に運ばれたが、不幸にして亡くなったというニュースを時々聞く。犬には人間のような汗腺がないので、汗をかいて体温を調節することができず、ますます熱中症にかかりやすいであろう。獣医さんにこの話をしたら、老犬が熱中症で亡くなることが多いそうである。エアコンが効いた涼しいところで飼ってくださいと言われた。

(赤タイ)

ページトップ

おかゆ文化

虫めがね vol.39 No.4 (2013)

「おかゆ文化」という言葉があるそうだ。大人たちは子ども達にたくましさを教えずに、手取り足取りの過保護で育て、食べ物も硬いもの、苦いもの、渋いものなどを経験させずに、柔らかい「おかゆ」で育てている。そこで育った若者たちは、体は大きくなってはいるが、精神的にたくましさを持たないまるで「もやし」のような人に育ってしまったということである。

ましてや、大学全入時代の昨今では、厳しく自己を律して受験勉強に力を注ぎ、受験戦線を戦っていくという経験をせずに、すんなりと大学に入学してくる。

筆者が子どもの頃は、学校で先生にしかられたり、たたかれたり(実際に体罰はあったし、筆者自身も体験した)しても、家に帰ってそのことを親には絶対に言わなかったものだ。親に話すと「お前がそんなことをするから先生におこられるのだ」と、また叱られるので親には隠した。

ところが、おかゆ文化で育った子ども達は、叱られた経験がなく、学校で叱られると悲観して自殺したり、家に帰って泣きながら親に話す。話しを聞いた親たちはさっそく学校に抗議の電話をする。

「なんで、そんなことで(私の大事な)息子(または娘)をおこるのです!学校の教育方針が悪い!」

従来なら家庭でしつけるべき、日ごろの挨拶や身だしなみ、あるいは未成年者の喫煙なども学校の指導にまかせっぱなしの保護者が多い。教育は学校の仕事である。そのために授業料をはらっとるという考えである。子どもの教育は親と学校が協力しあってやるものだという視点が欠けている。

こんなこともある。ある日、保護者から大学に電話があった。

「うちの息子は大学に出ていますか。息子に尋ねても何も言ってくれません」

調べてみると、欠席が多く留年寸前の学生であった。

「今後、息子の出席状況を連絡して欲しい」

学生の教育には保護者の協力も大切である。今後、希望する保護者には毎月一回出欠表を大学から送付することにした。

最近、大学を卒業して八年くらいになる、今は社会で立派に活躍している卒業生数名に会った。昔話に花を咲かせるうちに、

「学生時代に厳しく教えてもらったことが今、役に立っている」

「学校で厳しく教えてもらったのが有難い」

と口々に言っていた。おかゆ文化で育った若者からはこのような意見が聞かれるだろうか。

(赤タイ)

ページトップ

ゴキブリに洗剤をかけると数分で死んだ、なぜ?

虫めがね vol.39 No.3 (2013)

筆者が勤務している大学で、化学の講義の時間に界面活性剤について話をした。その講義の中で余談として、

「ゴキブリが台所に現れたので、洗剤(界面活性剤)をかけたら数分でゴキブリが死んだ。洗剤はそんなに毒性が強くて危険な化学物質なのか」について解説した。

ゴキブリの体表はワックス(脂質)層で覆われている。ゴキブリが見るからに脂ぎってギラギラしているのはこのワックス層のせいで、水をかけても、はじき飛ばしてゴキブリはなんともない。だが、洗剤をかけると洗剤はこのワックス層に溶け込み、ゴキブリの体の側面にある気門から気管の中にまで侵入する。洗剤によって気管を塞がれたゴキブリは呼吸ができなくなって窒息死することになる。洗剤でなくとも、サラダオイルやオリーヴオイルをかけても結果は同じで、ゴキブリは数分以内に窒息死する。食品であるサラダオイルやオリーヴオイルを毒性が強くて死んだと思う人はいないだろう。

黒板に大きくゴキブリの絵を描いて、洗剤が気門から侵入して行く様子を示し、このような話をした。今まで眠そうに講義を聞いていた学生たちも目をあけて、

「えェ!」

というような顔をして聞いている。全十五回の講義が終わって、期末試験に、次のような課題を出した。

「今期の化学の講義の中で、何に最も興味を持ったか。そしてその理由は何か」

するとなんと三分の一あまりの学生が、

「ゴキブリに洗剤をかける話しです!」と書いている。

「ゴキブリに洗剤をかけると死ぬのは知っていたが、洗剤の毒性で死ぬと思っていた」とか、

「いままで、ゴキブリを見つけたら、新聞紙を丸めてたたくことばかりやっていたが、次回は洗剤をかけてみたい」とか、

「石鹸が溶けた洗面器の中でゴキブリが死んでいるのを見た事がある」とか、さらには、

「先生が黒板に描いたゴキブリの絵がリアルでうまかった」

など、学生たちは思い思いに感想を書いている。

これらの解答を読んでいるうちに、筆者としては、ゴキブリの話しは余談であり、他に、もっと重要で役に立つ話しを沢山やったのにという複雑な気持ちになった。

♪無駄ばなし 授業よりも 大うけす♪

(赤タイ)

ページトップ

人は万物の霊長?

虫めがね vol.39 No.2 (2013)

人は「万物の霊長である」と自称している。はたしてそうであろうか。

人は言葉をしゃべることが出来ることをその理由の一つとしているが、アフリカのジャングルに住むチンパンジーは三十五語くらいの言葉を使いわけて、仲間とコミュニケーションをとっているらしいことが判っている。わが家には十五年くらい前から犬を飼っているが、散歩に行きたい時、トイレに行きたい時、寒い時、不審な者が現われた時など、微妙に鳴き声を変えて知らせてくれる。夏に木に止まって鳴くセミは、何種類か鳴き方を変えて求愛とか警告とかのコミュニケーションをとっている。人が言葉をしゃべるということは、他の生物と比較して使える語彙数が多いという量的な違いであって質的な違いではなさそうだ。

人は家畜を飼育したり、農業を行い、食糧を将来の為に貯えるというのが他の生物より優れていると考えられている。これもアリはアブラムシ(アリマキ)を保護し飼育して、アブラムシが出す甘露(糖液)を得ている。ある種のキツツキ、カラス、ネズミは豊富な時期に収穫した食糧を貯え、乏しくなった時に、その貯えを引き出して食べることが知られている。

人は道具を使って自分の生活を便利にしている。ガラパゴス諸島にすむキツツキフィンチはサボテンのとげを口ばしにくわえて、その先を木の穴に突っ込んで、中にいる虫を追い出して、その虫を食べている。カラスが木の実を道路に並べて、その上を自動車が通り、タイヤに敷かれて割れた実の中味を食べているのをテレビで見たことがある。チンパンジーは石を使って硬い実を割って食べることがある。これらは動物も道具を使っている例といえよう。

子を産んで育てるという行為はすべての動物が共通に行っていることで、人の特技ではあるまい。自分の子ども達を一人立ちできるように教育することも、トラやライオンなど、いろいろな動物が自分の子どもたちに獲物の捕らえ方を教えている行為と同じである。

こう考えてみると、人が「万物の霊長」である、その根拠は薄弱になってくる。

ところが、最近ある動物園の園長から次のような話を聞いた。

「親が子どもの面倒をみて、育てるのは多くの動物で見ることが出来る。しかし、その子どもが成長して、年老いた親の世話をするのは人間だけです」

これは「万物の霊長」と胸をはって言える根拠かもしれない。

「年老いた 親のしあわせ わがしあわせ」

(赤タイ)

ページトップ

飲料自動販売機内に昆虫がいる!

虫めがね vol.39 No.1 (2013)

筆者が勤務している大学の卒業研究の一つとして飲料自動販売機内に侵入する昆虫について調査することにした。過去の文献を調べてみると、自販機の下や周辺の昆虫類を調査した報告はいくつかあるが、実際に自販機内部の昆虫を調査した報告はなかった。それで、学内に設置してある自販機会社の数社に電話して、「学生の教育の一環としての卒業研究だから協力してくれ」と、難色を示す業者を説得して、自販機内に昆虫捕獲器を置くことを了承してもらった。

気候が良い五月の時期に、学内に設置してある六台の自販機の内部に、粘着式の昆虫捕獲器を八日間置いた。その結果、夜間に飛来して集まってくるコバエ類が最も多く捕まった。歩行性昆虫であるクロゴキブリやアリ類も捕まった。下水溝や汚水槽など汚れた水域を繁殖場所としているチョウバエも捕まった。同時に行った自販機下の調査では、もっと多くの昆虫類が捕まったが、さすがに内部にまで侵入する昆虫は大幅に減っていた。それでも、調査した六台の自販機で昆虫が一匹も捕まらなかったものは無かった。

更に、これらの捕獲した昆虫類が体表にどんな食中毒原因菌をつけているかを調べてみた。その結果、クロゴキブリからは、動物の腸管内に分布しており、家畜の糞便などから汚染するサルモネラが検出された。コバエの体表からは、土壌などの自然環境に存在するセレウス菌が検出された。従って、自販機の内部に侵入した昆虫類が機内で歩き回って飲料と接触すれば、その飲料は汚染される可能性があるわけだ。

考えてみると、屋外に置いてある自販機は昆虫類にとっては侵入したくなる条件がそろっている。まず、夜間でも自販機には明かりがついている。走光性の昆虫たちにとっては誘虫灯みたいなもので、遠くからもこの光を目指して飛んでくる。また、内部は暖かい。夜間に外気温が下がってくると、暖かい場所を求めてゴキブリなどの歩行性昆虫が侵入してくる。更には、カップ式の飲料自販機の場合、内部に侵入した昆虫たちはその美味しい飲み物をなめることが出来る。三拍子がそろっているわけだ。

ただ、最近の自販機を見ると、缶入りや紙パック入りの飲料がほとんどであり、カップ式は少なくなっているので、あまり心配はしていない。

(赤タイ)

ページトップ

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8