木材保存誌コラム

ホーム > 木材保存誌コラム

木材保存誌コラム

会誌「木材保存」の人気コラム、「みちくさ」「虫めがね」「木くい虫」を公開しております。下記ボタンから、それぞれのコラムを読む事が出来ます。

日本のすばらしい自然美 [虫めがね]

虫めがね vol.39 No.6 (2013)

日本列島の美しさには定評がある。国土の約69%は森林に被われ、降水量も豊富なので、これらの森林は常に緑が維持されている。その森林が春は桜、夏は深緑、秋は紅葉、冬は白雪と四季おりおりに、鮮やかな色に姿を変える。しかも日本列島は南北に延びているので、桜前線が北上するように、緯度の違いにより各地の色の変化時期に違いがあり素晴らしい。このように神から授かった自然は素晴らしい。 ところが、そこに住んで...

続きを読む

"わかめ"の長寿犬表彰 [虫めがね]

虫めがね vol.39 No.5 (2013)

わが家に満十八歳になる"わかめ"という名のメス犬がいる。名前は漫画「サザエさん」の家族のわかめちゃんから拝借した。人間で言えば百歳を超えるというので、二年ほど前に阪神開業獣医師会から長寿犬として表彰状と盾をもらった。表彰状には、「あなたは人生の伴侶として、永年にわたり家族に喜びと楽しみを与えてくれました」と表彰の理由が書いてあった。本人はなにもわからないだろうから、好物の鶏のササミ肉のジャーキ...

続きを読む

「英語が上手になるには?(6):最終回の回」 [みちくさ]

みちくさ vol.39 No.5 (2013)

どうすれば日本人は英語が上手になるだろうか?それも日本に居ながらにして、英会話学校などでお金を使わずに、ケチケチしながら、尚且つ、最も効率良く、最短コースで上手になるには如何したらいいのだろうか?ということをずっと真剣に考えてきました。

続きを読む

オトシブミ [木くい虫]

木くい虫 vol.39 No.4 (2013)

昔の人は思いを寄せる人に宛てた恋文を折りたたみ、その人が通りそうな場所にそっと落しておいたそうである。その恋文が「落し文」である。恋の成就は、意中の人が「落し文」を拾って読んでくれるかどうかにかかっている。なんとも奥ゆかしい。今の若者ならメールで済ませ、結論はすぐ得られるであろう。

続きを読む

おかゆ文化 [虫めがね]

虫めがね vol.39 No.4 (2013)

「おかゆ文化」という言葉があるそうだ。大人たちは子ども達にたくましさを教えずに、手取り足取りの過保護で育て、食べ物も硬いもの、苦いもの、渋いものなどを経験させずに、柔らかい「おかゆ」で育てている。そこで育った若者たちは、体は大きくなってはいるが、精神的にたくましさを持たないまるで「もやし」のような人に育ってしまったということである。 ましてや、大学全入時代の昨今では、厳しく自己を律して受験勉...

続きを読む

前の5件 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

ページトップ