木材保存誌コラム

ホーム > 木材保存誌コラム

木材保存誌コラム

会誌「木材保存」の人気コラム、「みちくさ」「虫めがね」「木くい虫」を公開しております。下記ボタンから、それぞれのコラムを読む事が出来ます。

虫が怖い [虫めがね]

虫めがね vol.41 No.4 (2015)

先日のテレビの報道で知ったのだが、小学生用のノートの表紙には、これまではきれいな蝶やテントウ虫の写真や草花の写真などが入れてあった。ところが、最近の子ども達は、虫を怖がる。蝶の写真でも嫌がって、そのノートを学校に持って行かない。ノートメーカーも売れなくなったら困るので、虫のノートは止めて花のノートだけにするそうだ。蝶のあの鮮やかな綺麗さは、花の綺麗さと同じような気がするが、最近の子ども達には違...

続きを読む

恐竜とヒト [虫めがね]

虫めがね vol.41 No.2 (2015)

恐竜は子ども達に大変人気がある。各地の恐竜博物館では、いつも興味深く見ている子ども達に出会う。恐竜は決して可愛い顔をしてはいない。むしろ獰猛な顔かたちをしている。子ども達のDNAには恐竜が恐いという感覚はインプットされていないのだろうか。恐竜が地球上に大繁栄したのは今から約二億一千万年前である。ちょうどその頃、我々ヒトの祖先である原始哺乳動物が誕生した。それは、子ネズミのような大きさで、昼間は...

続きを読む

生物たちの結納金 [虫めがね]

虫めがね vol.41 No.1 (2015)

若い男女が結婚に至るまでの一つのプロセスとして、日本の習慣では結納と言うのがある。これはもとは皇室の宮中儀礼として始まったらしい。それが室町時代に公家や武家社会に広がり、江戸時代末期から一般庶民の間にも広まったと言われている。古くは新郎家から新婦家へ、当時、貴重品であった帯や着物類を贈ったらしいが、最近の若いカップルはお互いに相談して結婚指輪を交換したり、両家で顔合わせの食事会をやって、結納に...

続きを読む

デング熱と鎖国政策 [虫めがね]

虫めがね vol.40 No.6 (2014)

今年の夏に、日本ではすでに無くなったと考えられていた熱帯性のデング熱の患者が見つかって、新聞やテレビで大きく報道された。患者はいずれも海外渡航歴はなかった。更に、数名の患者が見つかり、調査の結果、これらの患者は共通して、東京渋谷区の代々木公園内でヤブ蚊(ヒトスジシマカ)に刺されていることや、代々木公園内で捕獲されたヒトスジシマカからデング熱のウイルスが検出されたことなどで、代々木公園で感染した...

続きを読む

ホタルにも方言がある [虫めがね]

虫めがね vol.40 No.5 (2014)

近ごろはホタルを見ることは極めて少なくなった。今では、ホタルが見られる場所は、「ホタルの里」とか言って、観光客にPRしている。私が子どもの頃に育った福岡の田舎では、我が家の前を流れる小川には、夏になると毎晩ホタルがたくさん飛んでいた。最近、久しぶりに田舎に帰って尋ねると、今ではその小川ではホタルは見られないそうだ。ホタルが見られなくなった原因として、農薬や洗剤などの化学物質が疑われているようだ...

続きを読む

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

ページトップ